エディターズダイアリー

マスクの内側の肌は刺激を受けている!?

2021.10.15 19:17 更新

▽冬にマスクを着用すると、肌は守られると思っていないだろうか?花王は、マスクの着用による肌への影響の本質を明らかにすることをめざし、マスクをした冬の肌を調査したとのこと。

コロナ禍前後の冬の肌を見比べると、マスク着用が必要になってからは、小じわ、赤み、皮めくれが生じ、肌の見た目が悪くなっていたという(2021年1月~2月(n=23、平均39歳)と2017年1月(n=10、平均40歳)との比較)。


朝食のリンゴでやせやすい体質に

2021.10.14 21:36 更新

▽1日のうち、体の代謝が促進され、体内の毒素を排出する力が最も高まるのが午前中といわれています。その代謝活動に深く関わっているのが「酵素」とのこと。酵素は、生物が生きていくために行う、食べ物の消化や吸収、排泄、エネルギー代謝などに関わる一種のタンパク質分子とされています。

この酵素をたっぷりと含んでいるのが生のフルーツだとか。そのため、朝食をフルーツに代えれば、代謝がよくなり、やせやすい体質になれるといわれています。フルーツを選ぶならば、スイカなど水分が多いものが適していますが、なかでもおすすめなのがリンゴとのこと。


秋の食材を使った"おにぎり"でおいしくダイエット!

2021.10.13 21:45 更新

▽秋といえば、秋刀魚やさつまいも、キノコ類など、おいしい食材がたくさんとれる季節。ついつい食べ過ぎて太ってしまう人も多いのでは。しかし、実は秋は、基礎代謝が安定するためダイエットに最適の季節でもあるのだとか。20年以上多くの人の減量・ダイエット指導をしてきた小澤幸治先生に、お米がダイエットに最適な理由と、秋の食材を使った「おにぎり」でやせる方法を、著書「ラクやせおにぎり: 21日間でOK!ストレスゼロ!血糖値コントロールでみるみるやせる!」から、紹介してもらった。

ダイエットを成功させる大原則は非常にシンプルとのこと。摂取カロリーより消費カロリーが上回ればやせていくという。そこで摂取カロリーを抑えるカギとなるのは、「血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)」をコントロールし、満腹感を持続させることだとか。血糖値の上昇は、満腹中枢を刺激し、満腹感をもたらす。血糖値をうまくコントロールすれば、大きな空腹感を感じにくく、一度にたくさん食べるのを防ぎながら、カロリーの過剰摂取を抑えられるのだそうです。


ドライヤーに求めているコトは「速く乾く(大風量)」
2020.10.19 19:34 更新
ビタミン・ミネラル不足がだるさや肥満の原因に
2020.10.16 22:12 更新
青白い光が見づらくなったら温白色の明るいLEDでドライブを
2020.10.15 19:10 更新
化粧水は手でつける?コットンでつける?
2020.10.14 21:14 更新
コロナ禍での夏休みは「外食」「ショッピング」「公園で遊ぶ」など控える傾向に
2020.10.13 20:24 更新
太りにくい体をつくる「歩き方」
2020.10.12 19:07 更新
シニア世代の健康・元気な秘訣は「バランスの良い食事・睡眠・適度な運動」に加えて「手洗い・うがいの徹底」も
2020.10.09 19:21 更新
縄文時代の食生活とは?
2020.10.08 22:11 更新
キャッシュレス時代だからこそ"お金の流れの見える化"を
2020.10.07 19:11 更新
皮膚を温めると心も温まる?
2020.10.06 22:20 更新
食生活で糖質を気にしている人は4割で糖質制限している人は1割強に
2020.10.05 17:49 更新
食欲は脳でコントロールされている?
2020.10.02 18:13 更新
伊勢シーパラダイスのゴマフアザラシの赤ちゃんの名前投票がスタート
2020.10.01 18:59 更新
マスカラで失敗しないコツ
2020.09.29 21:35 更新
今こそヨーグルトの菌や機能に注目を
2020.09.28 10:29 更新
泳ぎが苦手な人におすすめの水中運動
2020.09.25 21:47 更新
普段の食事で簡単に取り入れやすい「体内発酵レシピ」とは?!
2020.09.24 18:13 更新
食欲は栄養素を摂るだけのものではない?
2020.09.23 17:48 更新
コロナ禍で一定のストレスが溜まるも約7割が健康状態に「変化なし」
2020.09.18 19:33 更新
おつまみに最適な燻製の作り方とは?
2020.09.17 19:57 更新

このページの先頭へ