エディターズダイアリー

ギックリ腰の痛みを改善する異種金属療法とは

2022.01.19 21:40 更新

▽手のひらや甲に1円、5円、10円硬貨を貼ることで、ギックリ腰の痛みが改善されるといわれています。これは異種金属療法といって、その効果が科学的に証明されている治療法の一つとのこと。私たちの体には絶えず微弱な電流が流れていますが、ギックリ腰などで腰を痛めると、痛めた個所で生体電流の流れに乱れが生じてくるそうです。その電気の流れをととのえるのに役立つのが、1円、5円、10円の3種類の硬貨なのだとか。

金属はイオン化傾向(電気を帯びる性質)を持っています。イオン化傾向の最も強いのがアルミニウムの1円玉で、次に真ちゅう(亜鉛と銅の合金)の5円玉、これより少し弱いのが錫(すず)と銅を含む10円玉とされています。そこで、この3種類の硬貨を体に貼り、イオン化傾向の差から生じる電位差を利用して生体電流の流れをととのえるのが異種金属療法とのこと。


このページの先頭へ