エディターズダイアリー

ブラシの品質と品揃えがメイクの決め手に

2021.10.18 21:39 更新

▽どんなに高級のアイシャドーやチークを使っても、なかなか上手にメイクが仕上がらないという人はいませんか? そんな人は、普段使っているブラシを見直してみる必要があるそうです。合わないブラシを使っていると、思うようなメイクができないとのこと。例えばチークなら、どんなに粒子の質がよくキメが細かいものであっても、小さなブラシで広い頬などを塗れば、色は必ずムラになってついてしまうそうです。

また、ブラシの大きさが適当でも、毛の質が悪ければ、上手な仕上がりは望めないとのこと。質のいいブラシであればあるほど、メイクを美しく仕上げることができるそうです。一方で、ブラシの質が悪いと、どんなにテクニックのあるプロでもきれいに仕上げることはできないとのこと。


このページの先頭へ