エディターズダイアリー

睡眠が脳と体にもたらすメリット

2021.09.21 21:04 更新

▽私たちは、睡眠不足になると元気がなくなるだけでなく、集中力や判断力、記憶力などが低下し、イライラしやすくなったりします。また、眠いはずなのに眠れない、早く寝ようと布団に入ったのに結局のところなかなか寝付けないという経験がある人もいるのではないでしょうか。これらは自律神経のバランスが乱れ、脳が疲れている証拠なのだとか。

私たちが睡眠をとる理由は、脳や体を休め回復させるだけではなく、脳内の情報整理、記憶の定着や消去、感情の整理、さらには脳や体の活性酸素の除去にも深く関係しているといわれています。眠気を誘発する睡眠ホルモンの「メラトニン」には、高い抗酸化作用があるため、活性酸素の働きを抑え、疲労回復を促してくれるとのこと。つまり私たちは、日々、膨大な量の情報やストレッサーにさらされていますが、睡眠によって頭の中を整理し、疲労物質の蓄積を防ぐことができるそうです。


このページの先頭へ