エディターズダイアリー

情熱の国スペインの食事スタイル

2021.06.21 22:14 更新

▽大西洋と地中海に位置し、古来から様々な民族が行き交う場所であったスペインでは、地方によって特色のある個性豊かな料理があるとのこと。北部では、「バカラオ(たらの干物)」や魚介類を使った煮込み料理や、小さく切ったパンに料理を乗せ楊枝でとめた「ピンチョス」と呼ばれる軽食も好まれているそうです。

北西部では、特産品のムール貝やカキ、エビなどを使った料理が知られ、ゆでたタコにオリーブオイルと塩をかけて食べる「タコのガリシア風」という料理が名物だとか。東部では、お米に魚介類を加えた「パエリア」などの料理も食べられるとのこと。南部では、魚をフライにした料理をはじめ、夏には暑さが厳しくなるため「ガスパチョ」という野菜を使用した冷たいスープなどをよく飲むそうです。中央部では、肉、豆、野菜を使った煮込み料理や子豚を丸焼きにした料理などが有名です。


このページの先頭へ