エディターズダイアリー

経口ヒアルロン酸が皮膚で有益な効果を発揮するメカニズムを解明

2021.06.10 18:29 更新

▽ヒアルロン酸は、経口摂取することで、皮膚水分の増加やしわが改善すること(キユーピーと台湾のHungKuang University(弘光科技大學)許慈芳准教授との共同研究によって、ヒアルロン酸の経口摂取による皮膚水分増加としわ改善を、ヒト試験で確認した)が報告されている。しかしながら、経口摂取したあと、どのように吸収され作用するのか、そのメカニズムに関しては報告も少なく、ほとんど知られていなかった。

そこで、キユーピーは、国立大学法人神戸大学との共同研究によって、「ヒト腸内細菌叢モデル(KUHIMM)」を用いて、ヒト腸内細菌によるヒアルロン酸の分解を調べたところ、経口摂取したヒアルロン酸は胃液や小腸の消化酵素では分解されず、大腸の腸内細菌によって分解されることがわかったという。さらに、ヒアルロン酸を分解する腸内細菌を特定することもできた。


このページの先頭へ