エディターズダイアリー

多汗に潜む病気とは

2021.06.03 20:40 更新

▽これから汗ばむ季節になりますが、よい汗をかくことは健康の証とされています。しかし、健康な状態ではない汗も存在するとのこと。突然、汗っかきになったり、体の特定の部位だけ汗をかいたりするような場合は、体の中に異常が生じている可能性があるそうです。

起床時も含め、全身に異常に多くの汗をかく場合には、ホルモンの分泌異常が考えられるとのこと。バセドウ病に代表される甲状腺機能亢進症は、過剰に分泌される甲状腺ホルモンの作用で基礎代謝が高まり、全身性の多汗がみられるそうです。また、副腎の腫瘍である褐色細胞腫では、交感神経を刺激するアドレナリンというホルモンが多く分泌され、これが代謝を高めるために多汗になるといわれています。


このページの先頭へ