エディターズダイアリー

日常生活を送るために欠かせない「抗重力筋」

2021.04.16 18:40 更新

▽私たちの体は、地球の重力に抗うようにして立っています。その重みに負けないように、お互いに身体を支え合っている筋肉を「抗重力筋」と呼ぶそうです。この筋肉は、胸や腹部、肩、背中、足などにあり、長くて大きいのが特徴とのこと。例えば、大胸筋、僧帽筋、広背筋、腹直筋、大殿筋・中殿筋、大腿四頭筋などがあるそうです。

もし、これらの筋肉がどれか一つでも弱ってしまったら、体のバランスが崩れ、骨格にゆがみが生じるとのこと。姿勢が悪くなり、歩き方にも影響が出るそうです。肩こりや腰痛といった部分的な不調から、内臓の不調、体全体のだるさ・疲れまで、様々な問題を引き起こすといわれています。また、ケガなども起こりやすくなるそうです。


このページの先頭へ