エディターズダイアリー

正しい姿勢を意識して自然治癒力をアップ

2021.04.02 21:17 更新

▽自然治癒力は、人間の生命を維持しようとする力、ゆがんだ状態を修正しようとする力とされています。どのような最新医療技術をもってしても、最後に病を克服する決め手は、その人自身の自然治癒力にあるとのこと。自然治癒力を支える体のシステムとしては、まず日常生活において、食・呼吸・睡眠・運動・心、それそれの要素がバランスよく調和していることが重要です。さらに、これに加えて正しい姿勢を保つことも大切とのこと。

脊柱にゆがみがあると、骨格のずれが血管を圧迫し、血液循環を阻害することにつながるそうです。正しい姿勢を保つうえでは、おへそから指4本分下に位置する「丹田」に意識を向けることが重要とされています。肩の力を抜き、丹田に意識を置いて鎮めるとき、重心が最も安定した形で定まり、心の動揺も消えて安定するとのこと。そして、神経系も含めた働きが整い、血液循環も必然的によくなるそうです。


このページの先頭へ