エディターズダイアリー

入浴剤の症状別使うべき種類と効果を解説

2021.03.26 19:04 更新

▽コロナ禍の現在、外出自粛によるストレスや運動不足による不調をリセットしてくれる心強い味方が“入浴剤”となっている。昨年の消費動向の中でも入浴剤の需要は大きく伸長した。

入浴剤はさら湯の刺激をリセットして、お湯をやわらかくする。「一番風呂は健康に悪い」という定説があるが、一番風呂だと不純物がなく熱の伝わり方が強いため、体に負担がかかりやすくなってしまうとのこと。さらに一番風呂は、水道水に含まれる塩素や浸透圧の作用によって、肌に必要なうるおいまで奪われがちだとか。入浴剤を入れるだけでこのような刺激は一気にリセットしてくれるという。


このページの先頭へ