エディターズダイアリー

低糖質ダイエットの注意点

2021.03.25 21:08 更新

▽ダイエットをしようとしたとき、その方法の一つとして「低糖質ダイエット」を思い浮かべる人も多いのでは。低糖質ダイエットでは、炭水化物を控えることで、血液中の糖質(ブドウ糖)の上昇を防ぎ、またインスリンによって生じる脂肪の合成・蓄積を制限することができるとされています。しかし、低糖質ダイエットには欠点もあるので、取り組む際には注意が必要とのこと。

炭水化物(糖質)は、「脳」と「筋肉」にとって不可欠な栄養素のため、極端な低糖質ダイエットをすると脳や筋肉に負担がかかるそうです。炭水化物が不足すると、まず脳がエネルギー不足と判断し、体が飢餓状態であると思ってしまいます。すると、脳は蓄えている体脂肪をなるべく使わないように指令を出すので、体はなかなか脂肪が減らない体質に変わってしまうそうです。


このページの先頭へ