エディターズダイアリー

母体のために大切な栄養素とは

2021.03.15 21:18 更新

▽食事からとる栄養素は、母体の健康管理や、胎児の成長のためにも欠かすことができません。また、これから新しい命を授かり、育んでいくためには、摂取する栄養素に注意し、循環させることが重要になります。では、どのような食生活を送り、栄養素を循環させればよいのでしょうか。今回は、母体のために特に大切な栄養について紹介します。

まず、エネルギー源となる糖質やタンパク質、脂質は、少なくても多すぎても注意が必要とされています。母体だけでなく胎児のためにも必要なエネルギー量が増えますが、不足すると低体重児につながり、胎児の知能の発達や発育に影響を及ぼすそうです。また、生活習慣病などになるリスクも高まるといわれています。一方、栄養過多は、巨大児につながり難産になる可能性があるとのこと。また、妊娠高血圧症候群や妊娠時糖尿病になると、血液循環が滞って胎児発育不全や低出生体重児、低酸素症などになる恐れがあるそうです。


このページの先頭へ