エディターズダイアリー

70代以上では約半数がテレビの音の聴こえにくさを感じている

2021.02.19 19:24 更新

▽テレビの音を聴こやすい音に変換するテクノロジー、世界初の特許技術「曲面サウンド」搭載の「ミライスピーカー・ホーム」の製造・販売を行う、サウンドファンは、500名にテレビの音が聞こえづらいことに関する調査を実施した(調査期間:2020年10月、有効回答:40代以上で家族がいる人など500名)。

テレビの音が聴こえづらくなったか」と質問したところ、年齢が上がるにつれテレビの聴こえづらさは顕在化していき、70代以上では約半数が聴こえにくさを感じている。「家族のテレビの音が大きくなった、聴こえづらいと話していた」と質問したところ、当てはまる・どちらかというと当てはまると答えた人が、年齢が上がるにつれ増え、40代でも3分の1、全体でも4割と多くの家庭が抱えている課題であることがわかった。


このページの先頭へ