エディターズダイアリー

理想的な寝相とは?

2021.01.20 21:53 更新

▽私たちは眠っている間に体の緊張を緩め、骨盤などの骨のゆがみを直したり、バランスを整えたり、筋肉のコリをほぐしたりしているそうです。では、良質な睡眠を得るためには、どのような寝相がよいのでしょうか。理想的な寝相は、起きているときの状態で考えると、自然な形でまっすぐ立っているような寝相とされています。仰向けで手足が身体から少し離れ、体重が分散されていて、背中はわずかにS字を描くとのこと。

しかし、人は眠っている間に20回から30回も寝返りを打つといわれています。寝る前に理想の寝相を意識して眠っても、寝ている間にあっちを向いたり、こっちを向いたりするとのこと。また、寝相を気にして緊張して眠っていると、逆に疲れがとれなくなることも。そのため、寝相についてはあまり気にすることなく、自分が安心して眠りにつける体勢で眠ればよいそうです。


このページの先頭へ