エディターズダイアリー

学習効果や運動能力の向上を目的とした睡眠研究がスタート

2020.11.26 20:14 更新

▽睡眠には身体の疲労回復や、記憶の整理や定着を行う役割があり、適切な睡眠をとることで、日中の学習やスポーツのパフォーマンスを高める効果があるとのこと。そこで、パラマウントベッドは、早稲田大学本庄高等学院(埼玉県本庄市)と共に、同校の生徒を対象に睡眠と学習・運動成績の関係性を分析し、健康の維持・増進をはじめ、学習効果や運動能力の向上を目的とした共同研究を9月24日に開始しました。

まず、「パラマウントベッド睡眠研究所」を設立し各学術集会で論文発表するなど睡眠研究を積み重ねてきた同社と、「自ら学び、自ら問う」ことを学習姿勢の基本とする早稲田大学本庄高等学院は、生徒のより良い学生生活への支援と将来を担う人材の育成のため、共同研究を開始するのだとか。


このページの先頭へ