エディターズダイアリー

リンパマッサージは「左鎖骨リンパ節」がポイントに

2020.11.25 21:33 更新

▽リンパ液の流れを促し、体内にたまった水分や老廃物の排泄を助ける方法として、リンパマッサージがあるとのこと。リンパマッサージは、リンパドレナージュ、リンパドレナージとも呼ばれ、皮膚のすぐ下で静脈の近くを流れている表在リンパ管を、なでるようにしてマッサージを行い、リンパ液の流れを改善させるそうです。マッサージをする際は、手と指を使い分けて、大きな円を描くようにして、皮膚が2㎜くぼむ程度の優しい力でマッサージをするとよいとのこと。

ただ、リンパ液は、体の部位によって流れが異なるので、ケアしたい場所ごとに流れを知っておく必要があるそうです。例えば、ふくらはぎがむくんでいるからといって、ふくらはぎだけをマッサージしても、誘導先である鼠径リンパ節が滞っていると、リンパ液は流れていかないのだとか。


このページの先頭へ