エディターズダイアリー

プールの水温設定の大切さ

2019.07.12 23:35 更新

▽プールの水温は、目的とした運動に適した温度に設定することが大切とされています。たとえば、公共のプールの水温は、通常28~32℃程度で設定されているそうです。なぜ、体温よりも低めの温度に設定されているかというと、泳ぐことや水中で動くことによって、体内での熱の産生が高まるからとのこと。

競泳の国際大会などでは、プールの水温をさらに低く設定する必要があるそうです。競泳のレースのように高い強度の運動を行う場合、大量の熱が体内で産生されるため、水温が低くないと十分に熱が放出されず、運動ができなくなってしまうとのこと。最も記録が出やすいのは、25~27℃の水温といわれています。


このページの先頭へ