エディターズダイアリー

一冊まるごと「糖質オフ麺」のレシピブックが発売に

2021.01.15 17:51 更新

▽糖質のとりすぎが気になる人や、糖質制限中の人の強い味方、「糖質オフ麺」。じつはこの糖質オフ麺、糖質が控えめということだけでなく、低カロリーで食物繊維が豊富なヘルシー食材でもあるという。そこで、食と健康にまつわる刊行物を多数刊行してきたオレンジページは、おいしくてからだにいい素材に注目したレシピブックシリーズの第3弾として「おトク素材は元気のモトvol.3糖質オフ麺」(445円:税別)を1月16日に発売する。

同書では、さまざまなメニューに応用しやすい“丸麺タイプ”を使用し、「糖質の摂取量をコントロールしたい、でも麺は食べたい」ときの絶品麺メニューや、かさ増し食材として活用したボリューム満点のおかず、手軽にできる副菜&汁ものなど多彩なメニューを提案しているとのこと。


食事を抜くと太りやすくなる?

2021.01.14 22:04 更新

▽ダイエットのためにと、食事を抜いてしまっている人はいませんか。実は、1日3食を決まった時間にとらず、欠食していると、多くの場合、太りやすくなるといわれています。その理由は、食事をとらない時間が長くなると、「次はいつ食べられるかわからない」という体の防衛本能が働き、消化・吸収能力が高まるとともに、非常事態に備え、食べたものがどんどん中性脂肪に変えられて体に蓄えられてしまうとのこと。

また、食事と食事の間の時間が長くなることで空腹感が強まり、その反動で早食いやドカ食いを招きやすくなるそうです。さらに、脂肪の蓄積に手を貸す役割のあるインスリンの分泌が、通常よりも多くなることも知られているとのこと。それだけでなく、1食抜くと、1日に必要な栄養素を2回の食事でとらなくてはいけなくなり、栄養素が不足しがちになるそうです。


スキンケアに自信がない女性は7割に

2021.01.13 18:35 更新

▽ナリス化粧品は、20~59歳の全国の女性、2166名に、スキンケアについてのアンケートを行いました(実施期間:1次調査2020年12月3日~12月10日、2次調査2020年12月25日~2021年1月1日・調査方法:インターネットによるアンケート調査。2次調査は、1次調査で、スキンケアをしていると答えた女性1309名)。

2166名の女性のうち、スキンケアをしている女性は、73.8%でした。スキンケアをしている女性のうち、スキンケアに自信がないのは、66.0%と約7割に達しました。年齢を重ねるほど、自信がなくなる傾向にあるようです。


多様性に富んだアフリカ大陸の食文化
2021.01.12 19:17 更新
緊急事態宣言下では健康面に配慮したダイエットを
2021.01.08 18:10 更新
品種改良で失われてしまったものとは?
2021.01.07 19:08 更新
糖質と脂質の代謝をアップさせる簡単作り置きレシピとは
2021.01.06 17:03 更新
ノーベル化学賞を受賞した「クリスパー・キャス9」とは?
2021.01.05 17:32 更新
家族に理解されづらい更年期症状は漢方で改善を
2021.01.04 17:51 更新
子どもの体力・運動能力の現状は?
2020.12.25 19:08 更新
ざわちんが提唱する"映えるマスクとメイク術"とは!?
2020.12.24 18:22 更新
30代になったらメイク方法を見直して
2020.12.23 20:58 更新
モデルが実践している"美の秘訣"とは
2020.12.22 20:12 更新
ウォーキングには4cm以下のヒールかウォーキングシューズを
2020.12.21 23:23 更新
大人のためのお伊勢参りと伊勢志摩観光を案内
2020.12.18 20:14 更新
食事量を減らすダイエットはリバウンドのハイリスクに
2020.12.17 20:06 更新
コロナ禍の今こそたんぱく習慣で40代からのフレイル予防を
2020.12.16 19:02 更新
ゴルフの歴史を学ぼう
2020.12.15 21:40 更新
米国で話題の新発想"着るだけダイエット"が日本上陸
2020.12.14 22:23 更新
乳酸発酵によるヨーグルトの製造方法
2020.12.11 22:24 更新
栃木県初の地理的表示(GI)保護制度に登録された「新里ねぎ」が出荷
2020.12.10 21:05 更新
寒さの厳しいロシアに欠かせないスープ料理
2020.12.09 23:51 更新
今年は"自宅で過ごす"クリスマス、4人に1人は「自分用にクリスマスプレゼント購入予定」
2020.12.08 23:30 更新
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このページの先頭へ