理美容・家電

小泉成器、ダブルファンドライヤー「MONSTER」を発売、Sexy Zoneの菊池風磨さんが忍者に扮して大風量で速乾が可能な点をアピール

2022.11.04 20:15 更新

 小泉成器は、ダブルファンがつくるパワフルな大風量ドライヤー「MONSTER」の新商品および新CM発表会を11月2日に開催した。発表会では、小泉成器の田中裕二社長が登壇し、同社が展開する製品や主力となる理美容機器の優位性などについて紹介。さらに新商品「MONSTER」の特長についても説明した。さらに、新CMに出演するSexy Zoneの菊池風磨さんが登場し、CM撮影時のエピソードや「MONSTER」の魅力を伝えてくれた。

 「当社が展開する理美容家電製品は、美で経済を活性化し、生活者にもっと使いやすい製品を届けるべく、生活者の目線に立った製品を展開している」と、田中社長。「1960年ごろに、それまで業務用製品であったドライヤーを家庭用製品として販売。これを機に当社を代表する製品へと成長した」と、ドライヤーが家庭に普及するきっかけは同社が展開した製品なのだと胸を張る。「今後も女性にスポットを当てながら、使い勝手の良い製品を上市していく」と、すべての女性を美しくしていく製品をこれからも開発していくと意気込んだ。

 「そして今回、2020年に発売し、累計160万台を販売したダブルファンドライヤーを改良し、『MONSTER』として新発売する。大風量で速乾を実現した『MONSTER』を販売することで、忙しい女性たちに時短を提供する製品として訴求していく」と、パワフルな大風量になった「MONSTER」を多くの人に試してもらいたいと訴えた。

 「当社では、国内外のブランドメーカーの製品の他に、理美容機器のみならず、調理家電、家事家電、暖房家電など自社商品を展開している。海外には、まだ知られていない便利な製品が多数存在する。こうした製品を日本へいち早く伝えていくということも行いながら、自社ブランドの開発に努めて、当社全体の売上比率を30~40%まで引き上げていきたい」と、自社ブランドの売上比率を高めていくことで、同社が展開する様々な製品をより多くの消費者に届けていきたい考えを述べた。

 「コロナ禍で市場自体が冷え込んでいるものの、ECサイトなど新たチャネルによる顧客との接点から、市場は昨年から徐々に回復傾向を示している」と、コロナ禍による市場の冷え込みは底をつき、今後は市場は回復していくとの見解を示す。「コロナ禍で消費者が求めるものにも変化が見られた。こうした消費者ニーズの変化に対応しながら、ワクワク、ドキドキしてもらう製品を提供していく」と、競合他社にはない、尖がった製品を上市し続けていくと前を向いた。

 新CM発表会では、新TV-CMを放映後、CMキャラクターの菊池風磨さんが登場し、CM撮影時のエピソードやダブルファンドライヤー「MONSTER」の魅力について語ってくれた。「CM撮影では、グリーンバックで演じる必要があったため、難しい部分もあったが、どのような作品に仕上がっていくのか、すごく興味を持ちながら撮影に臨んだ」と、完成した作品をイメージしながら演じ切ったのだと説明する。「めったに見られない、僕の長髪姿にも注目してほしい」と、菊池さん自身も長髪姿が気に入っていると話していた。

 「ドライヤーは、朝と寝る前に使っている。朝は時間に追われているので、すぐに乾く『MONSTER』は非常にありがたい存在」と、速く乾かすことができるドライヤーを求めている菊池さんにとって、「MONSTER」はまさに待ち望んでいた製品なのだと力説する。「従来の製品に比べて、40%も速く乾くので、様々な場面で活用していきたい」と、乾きが速く、風量がすごいので、多くの人に使ってもらいたいをアピールしていた。

 ダブルファンドライヤー「MONSTER」は、独自形状の2つのファンを搭載し、大風量2.2m3/分(ノズル無の時、同社測定方法による)を実現した。温冷自動切替モードで、ツヤ感アップの仕上がりに導く(消費科学研究所調べ)。新型デジタルディスプレイでモード状態をわかりやすく表示する。髪と地肌に優しい低温風スカルプ機能も搭載した。5ヵ所からマイナスイオンが発生し、乾燥・セット用に風の幅を切り換えできる便利なフレックスノズルも搭載している。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月2日(水)

小泉成器=http://www.koizumiseiki.co.jp/


このページの先頭へ