理美容・家電

オーディオテクニカ、完全ワイヤレスイヤホンのフラッグシップモデルを発売

2022.09.02 16:31 更新

 オーディオテクニカは、“あらゆるシーンを最高の音で聴く”ための完全ワイヤレスイヤホン「ATH-TWX9」を9月3日に発売する。

 どこにいても一瞬で音に没入できるノイズキャンセリングシステム、緻密に練り上げた音響テクノロジーを小さな筐体に凝縮した高音質、繊細なニュアンスまで伝わるクリアな通話品質など多彩な性能を備え、音楽・動画・SNSや通話など、音にまつわるすべてのシーンで快適なサウンドを体感できる。

 同社独自のノイズキャンセリングシステムが、専用アプリ「Connect」を介して飛躍的に進化を遂げた。イヤホンの装着状態を読み取り、一人ひとりの耳に合わせた最良のノイキャン性能を発揮する「パーソナライズ・ノイズキャンセリングシステム」やイヤホンが周囲環境の騒音レベルを測定し、今いる場所に最適なノイキャン効果を自動設定する「オプティマイズ・ノイズキャンセリングシステム」など、独自のハイブリッドデジタルノイズキャンセリング技術を継承しながら、いつ、どこにいても音に集中できる深い静寂空間を創出できる。 また、個人に最適化されたノイズキャンセリング効果とともに、妥協のない音質を最大限に体感できるよう、ドライバーを自社で新規設計した。静寂空間の中で、伸びやかな高域や粒立ちの良い繊細な音の鳴りを味わうことができる。

 通話性能も抜群だとか。騒音下でも声が明瞭に届く「ビームフォーミングマイク技術」、自分の声をイヤホンに戻すことで話しやすくなる「サイドトーン機能」のほか、ビジネスやプライベートの状況に応じて通話中でも外音取り込みのコントロールが行える。もちろん、装着感にもこだわった。イヤホンを着けていることを忘れるキャビティフィット設計をはじめ、一人ひとりの耳の個性に合わせた装着調整ができる計12種類のイヤピースを付属している。

 また、充電ケースには深紫外線除菌(大腸菌、バクテリオファージウイルスは99%以上、黄色ブドウ球菌は90%以上の除菌効果があるが、すべての菌やウイルスに効果があるわけではない。また、新型コロナウイルスへの効果は検証していない)システムを搭載しており、使い終えるとイヤピースの表面除菌が行われるため、毎日気持ちよくイヤホンを使える。加えて、同社イヤホン初仕様となるQi(チー)充電に対応した。Qi規格のワイヤレス充電器(別売)に充電ケースを置くだけでバッテリーチャージできる。ほかにも、2台のワイヤレス機器と同時接続可能なマルチポイントなど、普段使いに便利な機能が凝縮されている。

 さらに、幅広い技術に対応できる仕様をいくつも備えている。aptX Adaptive Audioで最大96kHz/24bitの情報量を伝送できるなど、プレミアムなサウンド体験が可能なSnapdragon Soundへの対応(Snapdragon Soundに対応した機器と接続した場合のみ、対応可能)、また360 Reality Audio認定ヘッドホン(360 Reality Audio は対応する音楽ストリーミングサービス(有料)に加入する事で楽しめる)として、ソニーの360立体音響技術で臨場感豊かな音場を実現する新たな音楽体験ができるほか、毎日がより便利で楽しくなるAmazon Alexa(その他の機能についてはAmazon のホームページを参照)を呼び出せるなど、日常の音生活を豊かにしてくれる。

 音だけと向き合ってきた、私たちのすべてを込めた次のワイヤレス。ぜひ体感してほしいという。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月3日(土)

オーディオテクニカ=https://www.audio-technica.co.jp/


このページの先頭へ