理美容・家電

象印マホービン、個室で使いやすいスリムモデルの空気清浄機(PU-SA35型)を発売

2022.08.08 13:11 更新

 象印マホービンでは、個室で使いやすいスリムモデルの空気清浄機(PU-SA35型)を、9月1日から発売する。

 コロナ禍で衛生面や空気環境への意識が高まったことによって、2020年以降、空気清浄機の市場は高い水準で推移している。2019年は約212万台だったが、コロナ以降の一昨年は約304万台、昨年は約299万台、今年は約260万台を見込んでいる(数値はすべて、日本電機工業会出荷統計(1~12月計)から)。

 このような背景の中、同製品は、近年増加傾向である単独世帯のワンルームや、各部屋に空気清浄機が欲しいというニーズに応えるコンパクトタイプとして、新たにラインアップする。

 同社の生活家電のコンセプトである“SIMPLE FOR LIFE 「もっと」より「ずっと」。”には、シンプルで分かりやすい機能・性能でしっかりと効果を実感して満足できるから、日々の暮らしで毎日使いたくなるような長く愛される商品を消費者に提供したいという想いが込められている。

 この考えに基づき、同製品は、空気清浄機の本質機能である「清浄能力」にこだわった商品で、それを最大限に活かすため、フルパワーで運転しても音が気になりにくいよう最大風量での使用時44dBという「低騒音」も両立させた。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(木)

象印マホービン=https://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ