理美容・家電

象印マホービン、2Lサイズのコンパクトでシンプルな電動ポット(CP-EA20型)を発売

2022.08.25 19:55 更新

 象印マホービンは、ライフスタイルの変化に合わせて、2Lサイズのコンパクトでシンプルな電動ポット(CP-EA20型)を9月1日から発売する。

 新製品の開発にあたり、電動ポットについてユーザーへのアンケート(2021年8月実施 インターネットアンケート調査から(n=600))や社内調査の結果、不満点として、自宅で使用する際に「置き場所をとる」という意見が多くあった。

 新製品では、この不満を解消し、置く場所に困らないコンパクトなサイズ感を実現するために、構造を一から見直し、従来機種と比較して底面積を約25%以上(2016年当社現行品 電動ポットCD-WU22型(容量2.2L)との底面積比較)縮小。モノが多くスペースが限られる食器棚にも収まるサイズを実現した。

 容量については、単身世帯・夫婦のみ世帯などが増加している中、これまでのメインサイズであった3L・2.2Lに比べてコンパクトな2Lサイズを採用した。電気ケトルと比較すると大容量なので、一度にたくさんのお湯が必要な時や、使うたびにお湯を沸かすのが面倒な時、子どものミルクづくりなど、電動ポットならではのニーズに応えた商品となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(木)

象印マホービン=https://www.zojirushi.co.jp/


このページの先頭へ