理美容・家電

パナソニック、次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ<F-MV5400>」を発売

2022.08.31 17:32 更新

 パナソニックは、「集中クリーンモード」を新搭載し、1台4役で部屋の空気の悩みを解決できる次亜塩素酸 空間除菌脱臭機「ジアイーノ」F-MV5400を10月上旬(新型コロナウイルス感染症の影響によって、発売の延期や供給が遅れる可能性がある)に発売する。

 コロナ禍以降、日常生活で除菌に気を配ることは定着(同社調べ、2022年1月実施、N=1083)し、在宅時間の増加に伴い汗や体臭、料理にかかわるニオイなどが気になる人が増えている(同社調べ、2021年12月実施、空気清浄機保有者N=344)。また、ペットの室内飼いも一般的になり、ペットの排泄物のニオイに困っている人も多くいるという(同社調べ、2022年1月実施、N=787)。

 同製品は「集中クリーンモード」を新搭載し、一時的に次亜塩素酸濃度を高めることで、部屋に付着した菌やニオイを通常運転時から集中的に除菌・脱臭する。また、「ジアイーノ」は人が多く集うリビング空間で一番使われており、1台で除菌・脱臭・加湿だけでなく、花粉やハウスダストも取りたいという要望があった。そこで改めて検証した結果、保護エレメント(HEPAフィルター)で花粉・ハウスダストを集じんできることがわかった。加えて、布製品に既に付着しているニオイの脱臭や、次亜塩素酸水溶液がトレー内の水の菌を抑制することで清潔に加湿できることも新たに実証できた。さらに、同製品は標準運転時の風量を増やすことで、従来機種(F-MV4300)と本体サイズはそのままで適用床面積約21畳にまで対応し、広いリビング空間などにもおすすめとなっている。

 同社は、除菌・脱臭・加湿・集じんが1台でできる同製品で、快適に過ごせる空気環境づくりに貢献する。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月上旬

パナソニック=https://www.panasonic.com/jp/about.html


このページの先頭へ