理美容・家電

日立グローバルライフソリューションズ、タテ型洗濯乾燥機・全自動洗濯機「ビートウォッシュ」を発売

2022.06.24 12:07 更新

 日立グローバルライフソリューションズは、洗濯後の衣類のシワを抑える「シワ低減洗濯」コース(4.5kg以下。柔軟剤を使用するコース。使用する柔軟剤の種類で効果は異なる。標準コースに比べ、使用水量・運転時間が増える)を新たに搭載したほか、「[抗菌]糸くずフィルター」を採用した、タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BWDKX120H、BW-DX100Hを8月上旬に発売する。また、全自動洗濯機「ビートウォッシュ」BW-X100Hについては8月下旬に発売する。

 タテ型洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」BW-DKX120H、BW-DX100H、全自動洗濯機「ビートウォッシュ」BW-X100Hは、「シワ低減洗濯」コースで、洗濯後の衣類のシワを抑えてきれいに仕上げるとのこと。

 洗濯後の衣類のシワや布絡みなどの仕上がり向上に、P&Gジャパンの柔軟仕上げ剤レノアリセット開発チームと共同で取り組み、新たに「シワ低減洗濯」コースを開発した。洗濯時に絡まる衣類を、ためすすぎとかくはんでほぐす「すすぎ制御」と回転数を抑えながら時間をかけて絞る「脱水制御」を採用し、衣類のシワや布絡みを抑える。また、満水時に柔軟剤を投入することで衣類全体にムラなく浸透させ、柔軟剤のシワを抑える効果をより発揮させることができる。

 「[抗菌]糸くずフィルター」で、手入れのたびに触れる糸くずフィルターの清潔さに配慮した。抗菌材を使用した「[抗菌]糸くずフィルター」を新たに採用し、手入れのたびに触れる糸くずフィルターの清潔さにも配慮している。

 洗濯コンシェルジュアプリ(BW-X100Hは対応していない)の「コンシェルジュ機能」に運転時間からコース選択を追加した。洗濯コンシェルジュアプリに、どのコースで運転するか迷った際に衣類の種類やシーンからコースを選べる「コンシェルジュ機能」を搭載している。今回新たに運転時間からコースを選べるようになり、運転前のセンシングで、その日の洗濯物の量に合わせたコースごとの運転時間を一覧(洗濯運転のコースのみ一覧で表示される)で確認することができる。

[小売価格]オープン価格
[発売日]8月上旬から順次

日立グローバルライフソリューションズ=https://www.hitachi-gls.co.jp/


このページの先頭へ