理美容・家電

アクア、冷蔵庫や家具のすき間に置けるスリムな横幅36cmのフリーザー「AQF-SF11M」を発売

2022.06.10 17:53 更新

 アクアは、冷蔵庫や家具のすき間に置けるスリムな横幅36cmのフリーザー「AQF-SF11M」を、6月22日に発売する。

 近年のコロナ禍の影響によって家で食事をする機会が増える中、昨年度には家庭用冷凍食品の出荷額、生産数量が過去最高を記録するなど、冷凍食品の利用が定着しつつある。さらに食生活を豊かにするためにお取り寄せやふるさと納税の活用で冷凍需要はますます高まっており、冷凍室の容量不足を補うための「セカンド冷凍庫」が注目されている。

 AQUAのスリムフリーザー「AQF-SF11M」(以下、同商品)は、冷凍室の容量不足を充分に補える容量を確保しつつ、設置場所を選ばないスリムな横幅36cmを両立させたフリーザーとなっている。スリムな横幅によって、冷蔵庫とキッチンカウンターの間や、リビングや寝室の家具のすき間にも設置できるので、これまで「置く場所がない」という理由でフリーザーの購入を見送らざるを得なかったユーザーにも購入できるようになった。昨年発売したスリムフリーザーの従来機種「AQF-SF10K」が、その設置性の高さから想定の2倍以上の売れ行きとなったことからも、設置場所の制約がユーザーの課題であったことがうかがえる。

 また、同商品は新色の「シャインブラック」を追加し、定番の白と流行の黒の2色を展開する。キッチンやリビングのインテリアに合わせて選べるようになった。

 同商品の庫内には4段の強化処理ガラスの棚と4つの引き出し式バスケットを備え、どちらも取りはずしが可能とのこと。全段を引き出し式バスケットだけで使ったり、上2段はバスケットをはずしてガラス棚だけで使うなど、収納する食材の大きさや長さによって庫内のレイアウトをフレキシブルに変えられる仕様を採用した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月22日(水)

アクア=https://aqua-has.com/


このページの先頭へ