理美容・家電

ソーダストリーム、プラスチック製ボトルとガラス製カラフェが併用可能な「DUO」を発売、上戸彩さんが「DUO」で作る出来立て生炭酸水を堪能

2022.04.13 15:42 更新

 世界No.1の炭酸水ブランドであるソーダストリームは、最新モデルのマシン「DUO(デュオ)」を4月15日からソーダストリームブランドサイト、各販売店で順次発売する。4月12日に行われた新商品発表会では、ゲストとしてCMにも出演中の女優・上戸彩さんが登壇し、新生活のスタートにもピッタリな“豊かな食卓”をテーマに、新商品「DUO(デュオ)」を披露した。また、「DUO」の特徴であるガラス製カラフェを使ったコーディネート挑戦や、上戸さんのプライベートでのエコ活動についてトークショーを行った。

 本社イスラエルからオンラインで登壇したソーダストリームのデイビッド・カッツ代表は、「ユーザーにとってより多くの選択肢を与えたいという想いから、幾度もの開発を繰り返し、ガラス製カラフェと従来のボトルが併用可能となった新商品『DUO』を発売する」と、ユーザーニーズに応えた新商品を上市すると意気込む。「これまでのマシンの形状から大きく進化した『DUO』について、製造の観点でより作りやすい形もあったが、消費者目線でキッチンの高さやインテリアとしての観点から製造をしており、新しくさらに便利になったガスシリンダーの装着を含め、より多くの人がソーダストリームの魅力に触れて、使うだけで環境問題解決の貢献につながることを知ってほしい」と、新商品の特徴や同社が行う環境対策などについて紹介した。

 そして、上戸彩さんが、新生活のスタートにピッタリな、ソーダストリームらしい爽やかな衣装で登場。「この春子どもの卒園式、入学式を一気に経験した」という上戸彩さん。新生活のスタートにピッタリなソーダストリームの新商品「DUO」を披露した。

 次に、ソーダストリームの平野幸恵マーケティング部長/ディレクターが新商品「DUO」を説明。「『DUO』は、外出時に持ち運びも可能なプラスチック製ボトルと、インテリアとしても活用でき、食卓を豊かに彩るガラス製カラフェを併用することができるソーダストリーム初のモデル」と、炭酸水が最も飲用されている独ユーザーの声から生まれた商品なのだと力説する。

 「カラーはブラック、ホワイトの2色展開となる」と平野部長。「DUO」の説明を聞いた上戸さんは、「ブラック・ホワイトのカラー展開はどんなインテリアにも合う」と、飾って置きたくなるデザインだと見た目の印象について語る。新しくなったガスシリンダーについては、「普段から使用していても1本で約120本分の炭酸水を作れるほど長持ちするのに、さらに炭酸づくりがラクチンになる」と、ワンタッチでガスシリンダーが交換可能なシリンダークイックコネクト(ピンクシリンダー)を採用する「DUO」は、シリンダー交換もスムーズになると興奮しながら語っていた。

 自宅でソーダストリームを日常的に使っていると語る上戸さんには、新商品「DUO」を操作してもらった。新商品「DUO」を慣れた手つきで操作し、簡単にボトルを装着。強炭酸が作れる5プッシュで出来立ての生炭酸水をあっという間に作った上戸さん。余裕の笑顔を見せてくれた。

 この後、上戸彩さんをイメージした透明感のある爽やかなテーブルが登場。プチラグジュアリーな休日がテーマの春らしいテーブルコーディネートに上戸さんも思わず笑顔をみせる。「普段から白とグリーンの花の組み合わせが一番好き」と語る上戸さんにピッタリなテーブルに、最後の1ピースとして上戸さんが「DUO」のガラス製カラフェを置くと、“DUOのガラス製カラフェが最高に映える、理想の食卓”が完成した。完成したテーブルで、自身が普段から楽しんでいる5プッシュの生強炭酸を「潤います」の宣言と共に味わうと、「美味しい」と満面の笑みで出来立て生炭酸を楽しんだ。

 ソーダストリームは、ペットボトルごみを出さず、使うだけでより環境にいい活動ができる。そこで上戸さんにも普段のエコ活動について聞いた。「普段からマイボトルを持ち歩く」という小さなことはもちろん、「プライベートで訪れる旅行先のビーチで家族と一緒にビーチクリーンをすることを欠かさない」と話す上戸さん。「ビーチに集まったプラスチックやガラス、ロープなど様々なごみを拾いながら、海の生物が誤飲してしまうことを想像して子どもと一緒に身近なところからできる環境活動に邁進している」と語っていた。

 「DUO」は、外出時に持ち運びも可能なプラスチック製ボトルと、インテリアとしても活用でき、食卓を豊かに彩るガラス製カラフェを併用することができるソーダストリーム初のモデルとのこと。シーンに合わせて自由にボトルを選ぶことができ、自分らしいスタイルで炭酸水を楽しむことができる。

 付属のプラスチック製ボトルはDWS(ディッシュウォッシャーセーフ)のため、70℃までの食洗器で洗浄可能となり、さらにガラス製カラフェも同様に食洗器での洗浄が可能だとか。また、ワンタッチでガスシリンダーが交換可能なシリンダークイックコネクト(ピンクシリンダー)を採用しているため、シリンダー交換もスムーズだという。

 また、「DUO」はこれまでのボトルをマシンに差し込むことで炭酸水を作るモデルと異なり、シルバーのフラスコ内にボトルを入れ、炭酸注入ヘッドを下ろすことで炭酸水を作る仕様となっている。

 カラーはブラック、ホワイトの2色展開で、世界三大デザインに数えられるドイツの「レッド・ドット・デザイン賞」を受賞した洗練されたデザインとなっている。

 2種類の併用可能ボトルとシンプルな操作で、どんな人でも美味しい出来立ての生炭酸水を楽しむことができる。

[小売価格]2万7500円(税込)
[発売日]4月15日(金)から順次

ソーダストリーム=https://www.sodastream.jp/


このページの先頭へ