理美容・家電

スリー・アールシステム、洗濯できるワイヤレス温熱手袋「洗えるすぐぬっく2」を発売

2021.11.15 20:38 更新

 スリーアールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリー・アールシステムは、11月15日から、同社オリジナルの家電雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」の新規ラインアップとして、電気の力で手を温めるUSB充電式の洗濯できるワイヤレス温熱手袋「洗えるすぐぬっく2」の販売を開始した。

 新型コロナウイルス感染症の影響で、換気のためにオフィスの窓を開けている会社がほとんどとなっている。日本気象協会によると、今年の冬も平年並みかそれ以上に寒い日が続くとのこと。そこでビジネスマンにとって新たな問題となるのが「手がかじかむこと」だと指摘する。

 自宅でのテレワークや換気十分のオフィスで手がかじかむと、スマートフォンやパソコンの操作時、打ち間違いや作業効率が落るという。しかし、指先まで覆う手袋は繊細な作業には向いておらず、暖かさと機能性の両立が難しいという問題があった。その問題を解決するために同社が開発したのが、指先を覆わないデザインの温熱手袋「すぐぬっく」とのこと。

 最新作となる同製品は、昨年クラウドファンディングで900名超の人々から支援を集めたすぐぬっくの改良版。消費者から寄せられた声を元に約1年かけて改良を重ね、製品化が実現した。

 前作からの改良点では、ヒーター部分を取り外し可能にすることで、手袋部分を洗えるように進化させた。素材を見直し、ごわつきを抑えた、柔らかくウォーム感のあるナイロン生地を採用。耐久性が高く型崩れしにくい素材のため、厚みが増してしっかり感もアップしている。バッテリーが手の甲に沿うようにカーブした形状のため、フィット感があり、違和感なく着用が可能になっている。

 10月1日~10月27日に応援購入サービス「Makuake」で行った同製品の先行予約販売では、1880名から総数2300個超、1350万円以上の支援を集め、予想以上の反響となった。20代~70代以上と幅広い層から支援が集まり、デスクワークをはじめ、自転車や車の運転、外での作業、釣りやゴルフなどのアウトドア、屋外で洗濯物を干す際に使用したいという声が寄せられた。

 製品の特長は、電気の力で手を温める、USB充電式の洗えるワイヤレス温熱手袋とのこと。指先を覆わないデザインで、暖かさと作業のしやすさを両立した。ヒーター部分と手袋が別になっているので、簡単に取り外して、手袋部分の洗濯が可能となっている。ボタン長押しで3段階の温度調節が可能だという。手首のテープでサイズ調節可能な男女兼用フリーサイズとのこと。USB充電式、およそ5時間の充電で7時間連続動作が可能となっている。

[小売価格]6990円
[発売日]11月15日(月)

スリー・アールシステム=https://3rrr-hd.jp/


このページの先頭へ