理美容・家電

マクセル、イズミ「Cleancut」シリーズ「ノーズヘアトリマー」をリニューアルし3機種を発売

2021.10.07 14:06 更新

 マクセルは、イズミ「Cleancut」シリーズノーズヘアトリマーをリニューアルし、3機種を10月22日から発売する。

 今回発売する3機種は、本体丸洗い可能(本体丸洗い可能、本体丸洗いが可能:IPX7基準(水深1mに30分浸けても本体に有害な影響を生じる量の水の侵入がない)検査をクリアしている)な「IZN-C210-H」、シリーズ中で最もコンパクト・スリム(シリーズ中で最もコンパクト・スリム:イズミ ノーズヘアトリマー IZN-C240、IZN-C230、IZN-C210の中で幅、奥、厚みにおいて)な「IZN-C230-S」、本体丸洗い可能で、日本製(日本製:グループ会社であるマクセルイズミの長野県松本市にある本社工場で製造している)の「IZN-C240-K」となる。

 デザイン、サイズ、使用シーンに合わせて選べるラインアップでグルーミングをサポートする。

 「IZN-C210-H」は、IPX7防水基準クリアで本体丸洗いが可能とのこと。握りやすいグリップデザインとなっている。

 「IZN-C230-S」は、直径15mmのシリーズ中で最もコンパクト・スリムで通勤や旅行など外出時の持ち運びに便利だとか。スイッチボタンを底面に配置した、シンプルな外観となっている。刃部水洗い対応だという。

 「IZN-C240-K」は、日本製モデルとのこと。IPX7防水基準クリアで本体丸洗いが可能だとか。抗菌加工ボディ(本体樹脂に抗菌剤を使用している。刃部・内部は除く)となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月22日(金)

マクセルイズミ=https://www.izumi.maxell.co.jp/


このページの先頭へ