理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、140L冷凍冷蔵庫「JR-NF140M」を発売

2021.10.04 19:04 更新

 ハイアールジャパンセールスは、48Lの大容量冷凍室のみならず、使いやすさを重視した冷蔵室を備えながら、省スペース設計かつシンプルなデザインで置き場所を選ばない140L冷凍冷蔵庫(JR-NF140M)を、10月15日から全国の家電量販店、ホームセンター、GMS、WEB通販などで順次発売する。

 これまで同社では、ひとり暮らし世帯や少人数、共働きのご家庭などに向けて、それぞれのニーズに合わせた商品開発を行ってきた。冷蔵庫、冷凍冷蔵庫においては、容量の展開とともに利便性の高い機能を充実させることを目指し、現在、40Lから468Lまで幅広いラインアップを揃えている。

 昨今、新しい生活様式への変化に伴い、多くの家庭で内食・中食需要が大幅に拡大し、冷凍食品や調理食品の消費が急増した。

 ひとり暮らし世帯においても、これまで外食が多く、冷凍冷蔵庫は最低限必要な食品の保存だけできればよかったのが、家で食事をする機会が増え、食品や食材を多く保存することが日常化している。一方で、買い物の回数を極力減らすために、長く保存できる冷凍室はもちろん、すぐに消費する食品や調味料などを保存する冷蔵室についても使用頻度が高く、使いやすさや大容量化へのニーズが高まっている。

 今回発売する140L冷凍冷蔵庫は、幅49.5cm、奥行55.3cmと省スペースで設置が可能であるにもかかわらず、48Lの大容量冷凍室と92Lの使いやすさを重視した冷蔵室を備える商品となっている。

 さらに、ワンルームなど限られた空間に置いてもインテリアになじみやすい清潔感のあるホワイトカラーのシンプルなデザインで、ひとり暮らし向けに必要で最適な“容量”と“デザイン”を両立した一台だという。

 同商品の下部は48Lの「大容量冷凍室」。庫内は2段の「引き出し式クリアバスケット」を採用し、上段は冷凍食品や作り置きのタッパーをきれいにストックするのに適した深さ、下段は一人では賞味期限内に食べきれない食パンの冷凍保存などにちょうどよい深型で、500mlの冷凍ペットボトルも立てて入る。また、ケースが透明なので中身が一目瞭然だとか。食品が埋もれずすぐに取り出せフードロスを防ぐとともに、ドアを開けている時間が短くすむことで無駄な電力の消費も減らす。

 上部は92Lの冷蔵室。ドアの内側には2Lペットボトルが3本入る「すっきりポケット」を採用、庫内は保存する食品に合わせてガラス棚の位置が変えられる「高さ調整可能トレイ」を採用し、高さのある瓶やボトルも立てて収納ができるので家飲み用ドリンクのストックにも最適だとか。また、大きな鍋もそのまま入れておけるので、取り出してすぐに温め直しができて手間も省ける。

 同商品は、幅49.5cm、奥行55.3cm で、ひとり暮らしのワンルームでも置きやすいスリムボディの省スペース設計とのこと。さらに、「耐熱性能天板」を採用しているので、上に電子レンジが置けて空間の有効活用が可能となっている。ボディは明るく清潔なホワイトカラーのシンプルデザインでインテリアにもなじみ、テレワークなど在宅時間が長くなった生活でも心地よいひとり暮らしの時間を過ごしてもらえる商品となっている。

[小売価格]3万7800円前後(税込)
[発売日]10月15日(金)

ハイアールジャパンセールス=https://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ