理美容・家電

アイロボットジャパン、リブランディングにともない「ルンバ e5」「ルンバ i3シリーズ」の価格を変更

2021.10.09 17:49 更新

 アイロボット・コーポレーションは9月9日、設立以来の大規模なリブランディングをグローバル規模で実施した。また、アイロボットジャパンは、このリブランディングにともない、10月8日からロボット掃除機「ルンバ e5」ならびに「ルンバ i3シリーズ」の価格を変更する。

 1990年、MIT(マサチューセッツ工科大学)の自立型人工知能ロボット研究所の一室からはじまったアイロボットは、宇宙探査用や地雷除去などの産業用ロボットの開発を経て、2002年に初の家庭用ロボット掃除機「ルンバ」を発表した。時代の流れとともに、消費者がロボット掃除機に求めるものは、機能や性能からそれを使うことによって得られる時間や価値へと変化してきている。創設31年目を迎えるこの秋、アイロボットは全世界のマーケットにおいてブランドカラーやメッセージを一新、より消費者の生活に寄り添う企業へと進化するため、大規模なリブランディングを実施した。

 今回のリブランディングでは、「暮らしを、もっとあなたらしく。」という新たなスローガンを掲げている。これは、消費者が掃除をルンバやブラーバに完全に任せることで、より自由な時間が生まれ、自分らしい暮らしができるように、という想いから開発された。

 「もっと、写真を上手く撮りたい」「もっと、絵を描くのが上手くなりたい」「もっと、映画の勉強がしたい」など“人には掃除をすることよりもっと大事なことがある”というメッセージが込められている。

 またこのリブランディングにあたり、アイロボットジャパンでは人気の3機種、「ルンバ e5」、「ルンバ i3」、ならびに「ルンバ i3+」の価格改定を実施する。毎日忙しく過ごしている人々にもっと自由な時間を提供したく、従来のアイロボット公式ストア価格から「ルンバ e5」は1万円、「ルンバ i3シリーズ」は2万円価格を抑え、10月8日に新価格として販売する。この改訂によって、さらに幅広いユーザー層にルンバのある生活を体験してもらいたいと願っているという。

 アイロボット「暮らしを、もっとあなたらしく。」という新スローガンのもと、さらに充実した製品やサービスを提供することで、人々の暮らしを楽にする、Empower people to do moreというミッションを世界中のスタッフが一丸となってこれからも取り組んでいく考え。

[改定日]10月8日(金)

アイロボットジャパン=http://www.irobot-jp.com/


このページの先頭へ