理美容・家電

スリー・アールシステム、「Qurra ハイブリッド加湿器 Mois Sosla Neo モイス ソスラ ネオ」を発売

2021.09.09 18:34 更新

 スリー・アールグループである、デジタル機器の通信販売を行うスリー・アールシステムは、9月8日から、同社オリジナルの家電雑貨ブランド「Qurra(クルラ)」の新規ラインアップとして、高水準の機能性を完備した加湿器「Qurra ハイブリッド加湿器 Mois Sosla Neo モイス ソスラ ネオ」の予約販売を開始した。

 秋冬の乾燥対策に必需品の加湿器だが、手入れせずに使用を続けると、内部に汚れがたまり、水アカやカビが発生するケースがある。

 除菌機能がない超音波式加湿器はタンク内の水に雑菌が繁殖しやすいため、ミストに雑菌が混じってしまい、気づかないうちに室内の空気を汚してしまう可能性もあるという。

 そこで同社は、暮らしを楽にする家電雑貨ブランド「Qurra」の累計販売台数4万7000台をこえる加湿器のノウハウを集結させ、プラズマ除菌で衛生的かつ高水準の機能性を完備した加湿器「Qurra ハイブリッド加湿器 Mois Sosla Neo モイス ソスラ ネオ」を新たに開発。9月8日から予約販売を開始した(10月中旬出荷予定)。

 製品の特長は、超音波式と加熱式を組み合わせたハイブリッド加湿器とのこと。プラズマを発生させ、生じたマイナスイオンで空間を除菌・消臭する。セラミックボールでタンク内の水をろ過し、より清潔なミストを放出する。最大加湿量400ml/hとハイパワー、最大11畳の部屋に対応している。加湿量調整は6段階に細かく設定可能とのこと。4.3Lの大容量タンク搭載、最長35時間水替えの必要なしだとか。水タンクを取り外して給水でき、取っ手付きで持ち運びも楽々となっている。自動湿度調整、自動加湿停止機能、自動オフタイマーを搭載した。表示パネルの明るさを抑えたナイトモードを搭載している。

 同製品は、暮らしを楽にする家電雑貨ブランド「Qurra」の新作加湿器とのこと。Qurraの加湿器は累計販売数4万7000台(7月時点)をこえ、多くの消費者のニーズに応えてきた。

 加湿方式は、超音波で水を気化する超音波式と、水を温め加湿効率を高めるヒーターを組み合わせた“ハイブリッド式”を採用。それぞれのメリットを併せ持っており、気化式・超音波式に比べて加湿力や省エネ性能にも優れている。

 この加湿器の特徴である“プラズマ除菌”は、第三者機関によるプラズマ除菌の有効性テストを実施し、1.5立方メートル内のA菌に対しプラズマによって平均で約99.99%不活性化する結果が得られた(すべての最近に対して除菌効果を保証するものではない)。

 酸素分子をプラズマでイオン化して+と-のイオンを大量発生させ、ミストを放出した空間を電子的な電荷の中和エネルギーによって除菌・消臭する機能を備えており、衛生的で、雑菌をばらまくこともないという。

 さらに、タンク内には、水をろ過するセラミックボールを搭載した。これによって、タンク内の水がろ過され、より清潔なミストが放出される。

 その他にも、最大加湿量400ml/hとハイパワーで、最大11畳の部屋に対応。6段階の加湿量調整・自動湿度調整などの機能性はもちろん、ナイトモードや静音設計で就寝時にも使いやすく、給水や手入れのしやすさにもこだわった、“加湿器に欲しい機能”を追求した製品となっている。

[小売価格]9990円
[予約開始日]9月8日(水)

スリー・アールシステム=https://3rrr-hd.jp/


このページの先頭へ