理美容・家電

パナソニック、装着するだけでヒアルロン酸が角質層へ浸透する「マスク型イオン美顔器 イオンブースト」を発売

2021.09.28 17:24 更新

 パナソニックは、美容クリニックの技術に着目した「高分子浸透(角質層まで。ヒアルロン酸分子量5000~10000を使用した浸透試験を実施)技術」を搭載し、顔に装着するだけでいつものスキンケア化粧品が肌の奥深く、角質層まで浸透するマスク型イオン美顔器 イオンブースト EH-SM50を11月1日に発売する。

 同社は、2015年にイオンの力でスキンケア化粧品を肌の角質層まで浸透させる導入美顔器を発売以来、毎日のスキンケアを格上げするべくラインアップを拡充し、特に美容高感度層に向け本格自宅ケアを提案してきた。

 そして、忙しい日々や隙間時間にも効率的に手入れしたいという消費者の要望から、装着するだけで「ながら美容」がかなうマスク型イオン美顔器 イオンブーストを開発した。

 同製品は、「高分子浸透技術」を採用した独自設計の電極によって、シートマスクやスキンケア化粧品の水分を通じて顔全体にイオンの流れをつくり出し、分子が大きく浸透しづらい美容成分を肌の角質層まで届けることが出来る。この技術によって、高分子美容成分であるヒアルロン酸がシートマスクだけでの浸透に比べると、角質層へ10倍(ヒアルロン酸水溶液をシートマスクに含ませて、浸透試験を実施。シートマスクモード(イオンレベル:強、温感:高)で使用した場合の浸透面積1030μm2/mm2(イオン電極下) 、シートマスクのみ使用した場合の浸透面積100μm2/mm2、前腕での比較(同社比較))浸透。キメが整うことでより透明感のある肌へと導く。また、いつものシートマスクやスキンケア化粧品と一緒に使える3つのモードを搭載し、ウェアラブルで「ながら美容」をかなえる。さらに水で洗い流せるので衛生的だとか。

 「高分子浸透技術」搭載の2製品、マスク型イオン美顔器「EH-SM50」および、スキンケア化粧品の浸透以外にも肌悩みに合わせて様々なケアが叶うイオン美顔器「EH-ST99」をイオンブースト群として展開し、美容高感度層だけでなく、効率美容を求める人まで、さらなる市場拡大に努める考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]11月1日(月)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ