理美容・家電

日本トリム、WEB限定「連続生成型電解水素水整水器 TRIM ION CURE」の新色モデルを発売

2021.07.17 12:43 更新

 整水器を製造販売している日本トリムは、「連続生成型電解水素水整水器 TRIM ION CURE」の新色モデル「プラチナグリーン」「シャンパンゴールド」を、7月15日から発売した。

 TRIM ION CUREは、ボタンひとつで電解水素水(浄水した水を電気分解することによって、アルカリ性で水素を含んでいることが特徴の水。水を電気分解することで、プラスイオンであるミネラル類(カルシウムイオン、マグネシウムイオン、ナトリウムイオン等)が原水に比べて約5~20%増加する)、浄水、酸性水を簡単に選択することができ、胃腸症状を改善する効果が認められた管理医療機器となっている。女性目線で開発を進め、初めて整水器を利用するユーザーをターゲットとした同製品は、昨年12月のWeb限定製品として発売後、好評を得ているという。

 今回、新たに「プラチナグリーン」と「シャンパンゴールド」の2色を採用した。「プラチナグリーン」は、美しいグリーンでキッチンのアクセントにもなるカラーとなっている。また「シャンパンゴールド」は、キッチンをよりシンプルに自分好みに変えることができるカラーリングとのこと。

 そして、サイズも非常にコンパクトでシンクサイドにすっきりと置くことができる。初期カラーのシルバーベージュに加えて、「プラチナグリーン」「シャンパンゴールド」の登場で、自分だけのキッチン空間を作って楽しむことができる。

 電解水素水は、飲用や様々な調理に最適な4種類の濃度レベルの水を生成することができる。レベル1は初めて飲む時、レベル2はお米を炊く時、レベル3は日常の飲用やお茶やコーヒーを入れる時などに、レベル4は煮物やアク抜きなどの調理用の水として使用できる。酸性水は、洗顔用に使用できる肌に近い弱酸性のレベル1、食器などの洗浄用のレベル2の2種類を生成する。そして浄水は、赤ちゃんのミルク作り用や薬を服用する際の飲用として活用できる。

[小売価格]15万1800円(税込)
[発売日]7月15日(木)

日本トリム=https://www.nihon-trim.co.jp/


このページの先頭へ