理美容・家電

パナソニック、乾燥スピードが20%向上したヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0Gを発売

2021.07.21 16:06 更新

 パナソニックは、送風効率を上げる新送風機構を採用し、乾燥スピードが20%(同社従来品2020年発売EH-NA0E比)向上したヘアードライヤー「ナノケア」EH-NA0Gを9月1日に発売する。

 ヘアードライヤー「ナノケア」の最上位機種は、2019年以降水分発生量を従来の「ナノイー」と比べて18倍(「ナノイー」と高浸透「ナノイ―」との比較(同社調べ))に増加させた高浸透「ナノイー」を搭載し、髪へのうるおい1.9倍(同社従来品2020年発売EH-NA9E比)となり、より高い評価を得ている。昨年には「ナノケア」シリーズ全体の国内累計販売台数1300万台を達成(2020年9月時点)した。

 同社調査(2020年10月 20~60歳代女性 N=488 WEB調査(同社調べ))によるとドライヤー購入の際、速乾性能を重視する人は約45%いることがわかった。

 同社はさらに速く、美しく髪を乾かしたいという消費者の要望に応えていく考え。

 同製品は、ドライヤーの風量、風圧にまつわる送風機構を見直し効率を上げることで、乾燥スピードが従来品よりも20%向上した。

 さらに高浸透「ナノイー」とミネラルマイナスイオンの放電部に高電圧をかけることによって、キューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンの発生量が約2倍となった。高浸透「ナノイー」とミネラル(亜鉛電極を含む放電ユニットから発生されるミネラルマイナスイオンのこと)で、ヘアカラーだけでなく白髪染めの退色抑制ができ、UVケア効果も2倍を実現した。

 「ナノケア」シリーズは、同製品を最上位機種として4機種を発売し、乾かすだけで髪ケアができるドライヤーとして、性別や年齢問わず幅広く、一人ひとりが求める髪の美しさに応える製品を提案するとしている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]9月1日(水)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ