理美容・家電

マクセル、オゾン除菌消臭器「オゾネオエアロプラス」を発売

2021.06.20 19:43 更新

 マクセルは、オゾン(日本空気清浄協会が定める室内での許容濃度平均値0.05ppm以下となるオゾン濃度に設定している)の持つ強い酸化力で、除菌・消臭(すべての菌やニオイに効果があることを保証するものではない)を可能にしたオゾン除菌消臭器「オゾネオ」シリーズから、清潔に使用するための本体表面の抗菌加工に加え、快適な住環境を保つ目安になるデジタル温湿度表示(同製品に温度・湿度を調整する機能はない)機能を搭載した「オゾネオエアロプラス(MXAP-DAE280)」を6月25日に発売する。

 オゾン除菌消臭器「オゾネオエアロプラス(MXAP-DAE280)」は、強い酸化力を持つオゾンを発生させることで、リビングルームや寝室、キッチンなどさまざまな空間の除菌・消臭に活用できる。今回発売する同製品では、清潔に使用できるよう、本体表面に抗菌加工をほどこした。家で過ごす時間が増え、熱中症に注意が必要になる夏季に向けて、デジタル温湿度表示機能を搭載。この機能によって温度・湿度管理の目安として、快適な住環境作りをサポートする。ホワイト・ブラックの2カラー展開で、スタイリッシュでコンパクトなデザインのため、部屋の景観を邪魔せず、設置場所を自由に選ぶことができるほか、静音設計(弱モード、中モードにて騒音レベル35dB以下(強モード:約38dB))によって寝室など静音性が求められる場所でも快適に使用できる。電気の力でオゾン風を生成するため、ランニングコストは電気代のみとなる。

 主な特長は、部屋の広さに応じて選べる3段階のオゾン風量(推奨適用範囲については、建築基準法に準拠した住宅の居室における換気回数(0.5 回/時間)の条件下において、有効性がありかつ日本空気清浄協会が定める室内での許容濃度平均値以下のオゾン濃度となるように設定している)だとか。清潔に使用できるよう、本体表面を抗菌加工している。デジタル温湿度表示機能を搭載し、快適な住環境の維持をサポートする。寝室などの静音性が求められる場所でも快適に使用できる静音設計となっている。24時間連続使用でも電気代が月額最大約93円(強モードで運転した場合。新電力料金目安単価27円/kWh(税込)で算出)と経済的となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月25日(金)

マクセル=https://www.maxell.jp/


このページの先頭へ