理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、48Lの冷凍室を採用した121L冷凍冷蔵庫を発売

2021.06.03 20:07 更新

 ハイアールジャパンセールスは、シンプルなデザインで、置き場所を選ばないコンパクト設計の121L冷凍冷蔵庫(JR-NF121A)を、6月16日から全国の家電量販店、ホームセンター、GMS、WEB通販などで順次発売する。

 現在同社では、様々な家庭に向けて、冷凍冷蔵庫のラインアップを多数展開している。おうち時間や自炊頻度の増加などから冷凍冷蔵庫に求められる容量も増加傾向にある昨今、ひとり暮らしの人からは、「自炊機会が増えたため広めの冷凍室がほしい」、「設置場所が狭いけれど冷凍容量が大きい冷凍冷蔵庫がほしい」といった現在ならではの意見が寄せられる機会があったという。

 今回発売する121L冷凍冷蔵庫は、こうしたニーズに応える商品とのこと。コンパクトサイズで「大容量冷凍室」以外にも、「大容量ドアポケット」、「引き出し式クリアバスケット」、「耐熱性能天板」、「半ドア防止機構」、霜取り不要な「ファン式」など、様々な使いやすい機能をプラスオンした一台となっている。

 同商品は、上部に冷蔵スペース、下部に冷凍スペースを設けた冷凍冷蔵庫で、冷凍室は本商品定格内容積の約40%を占める大容量の48L。幅は約50cmと置き場所を選ばないコンパクトな設計にしている。

 見た目や置きやすさにもこだわり、ひとり暮らしの人はもちろんのこと、寝室などの2台目用や、在宅ワーキングスペースなどでの利用も検討できる。

 日々のくらしに「あったら嬉しい」機能が充実した商品とのこと。使用頻度が高い冷蔵室は、500mlペットボトルや350ml缶も立てた状態で収納が可能。下段では、500mlペットボトルを寝かせて収納できる広さとなっている。

 さらに、「大容量ドアポケット」を装備しており、2Lのペットボトルが3本収納可能とのこと。「半ドア防止機構」も搭載しているので、閉め忘れの際も安心だとか。

 冷凍室には見やすく整理しやすい上下2段の「引き出し式クリアバスケット」を採用した。上段は少し浅く、冷凍食品やアイスクリームなど小さめの食材を収納可能となっている。下段は大きめで500mlペットボトルを立てて凍らせることができるとのこと。透明な引き出しだからフードロスを防ぐことができる。

 このクラスにめずらしい霜取り不要な「ファン式」で手入れも簡単だとか。満足してもらえる冷凍冷蔵庫となっている。

[小売価格]オープン価格
[発売日]6月16日(水)

ハイアールジャパンセールス=https://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ