理美容・家電

東レ、水栓のデザインを選べる浄水システム「トレビーノ ブランチ」を発売

2021.05.28 17:51 更新

 東レは、蛇口直結型を筆頭に発売35年のロングセラー、家庭用浄水器「トレビーノ」シリーズから、新浄水システム「トレビーノ ブランチ」を5月26日に本格販売を開始した。

 「トレビーノ ブランチ」は、水栓のデザインや機能を選ばずにアンダーシンク浄水器の取付けが可能で、水道水と浄水の切り替えは、水栓のレバー操作だけでできる日本で初めての浄水システムとなっている。

 今までのアンダーシンク浄水器や水栓一体型浄水器では、限られた水栓しか選択できなかったが、「トレビーノ ブランチ」は自分好みの水栓のデザインや機能、ブランドを選ぶことができる。今使う水栓はもちろんのこと、海外ブランド水栓など様々な水栓への取付けを可能にした。

 また、同製品はシンク下に設置するため、キッチン全体のデザインを損なうこともあないという。

 同製品は、現代の生活スタイルにあった「浄水容量」・「コスト」・「カートリッジサイズ」の“ちょうどよさ”にこだわったカートリッジ「SKC88.X」を採用。コンパクトサイズでありながら、17項目除去と業界トップクラスの高除去性能かつ高流量を備え、浄水を4000リットル使用できる。

 カートリッジ価格は9130円(税込)で1年に1回交換のため、ランニングコストは1ヵ月約700円と、高いコストパフォーマンスを実現した。

[小売価格]5月26日(水)

東レ=https://www.toray.co.jp/


このページの先頭へ