理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、「バタフライ フラップシリーズ」の468L冷凍冷蔵庫を発売

2021.05.19 16:03 更新

 ハイアールジャパンセールスは、4ドア・ガラストップのフルフレンチ(観音開き)デザインが特徴の新ライン「バタフライ フラップシリーズ」の468L冷凍冷蔵庫(JR-NF468B)を、6月1日から全国の家電量販店、ホームセンター、GMS、WEB通販などで順次発売する。

 同社では、これまでひとり暮らしや少人数・共働き世帯など様々な家庭に向けて、冷凍冷蔵庫のラインアップを多数展開してきた。今回発表する4ドア・フルフレンチデザインが特徴の新ライン「バタフライ フラップシリーズ」は、4つの扉が開いた佇まいや、それぞれのドアを自由に使い分けられる実用性から、優雅に飛ぶ蝶の羽をイメージして名付けた、ファミリー向けの冷凍冷蔵庫となっている。その第一弾として、468L冷凍冷蔵庫(JR-NF468B)を、6月1日から発売する。

 近年、自宅で過ごす時間や自炊頻度の増加などから、冷凍冷蔵庫に求められる容量も増えてきている。同商品は、大容量という点だけではなく、家族それぞれがどのように使い分けるかという点に向き合い、開発された、家族それぞれのライフスタイルに寄り添う一台となっている。

 ガラストップのスタイリッシュなボディに使いやすさをプラスした同商品は、4つのドアが独立しており、必要なドアだけを開閉できるので効率的で、消費電力の無駄も減らす。また、左右どちらにも開閉するフルフレンチデザインなので、限られたスペースでの開閉もスムーズに行え、引っ越し先での置き場所も選ばないという。

 さらに、庫内奥行は504mmで目線も手も届きやすい、奥浅なジャストフィット設計を実現した。710mmのワイドな庫内は、野菜室、ドアポケットなども視界を遮らないクリアな素材を使用しており、庫内全体が見渡せるといった使いやすさにもこだわった。

 また、ドアを開けることなく温度設定が可能な前面タッチ式操作パネルを採用。庫内温度や急冷凍モードなどの設定が可能とのこと。タッチ式でスタイリッシュ、フラットで汚れてもサッと拭きとれて手入れも簡単なので、美しくきれいな状態を保つことができる。

 451L~500Lクラスの冷凍冷蔵庫の中でも抜群の収納力を誇る大容量154Lの冷凍室なので、特売日や休日に冷凍食品や食材を悩まずまとめ買いすることができ、おかずの作り置きなども大量にストックできる。また、左右にある各3段の引き出し式クリアバスケットは、ひと目で中身がわかり、出し入れもスムーズ。それぞれのバスケットが収納しやすいサイズなので、2列×3段のスペースも用途別に使い分けができ、節約や家事の時短にも便利だという。

 野菜ケースには湿度調整フィルターを搭載。高湿時は過剰な湿気を放出(フィルターに含まれるセルロースは、高湿時に水蒸気の透過率が上昇する)し、結露や葉野菜の水腐れを抑制、乾燥時はケース内の湿気を逃さず野菜の潤いをキープする。野菜ケース内の状況に合わせ、保存に適した湿度に保つことで、より長く野菜を新鮮に保つことを可能にする。

[小売価格]16万円前後(税込)
[発売日]6月1日(火)

ハイアールジャパンセールス=https://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ