理美容・家電

東芝ライフスタイル、「大清快」から1年を通じ快適性と清潔性を両立するルームエアコンを発売

2021.03.11 12:45 更新

 東芝ライフスタイルは、ルームエアコン「大清快」の新製品として、同社独自(3月10日現在、国内の家庭用ルームエアコンにおいて(同社調べ))の無風感技術を、冷房時に加え、空気清浄、暖房、除湿運転時にも採用した「DTシリーズ」6機種と、「Rシリーズ」5機種を4月上旬から発売する。

 空気中のPM0.1~PM2.5レベルの微粒子まで集じんする空気清浄機能「プラズマ空清」と、吹き出す風の質を変化させて風を感じにくい「無風感」で、1年を通じて清潔で快適な室内環境を実現する。

 同社は、これまで「エアコンで空気もきれいにする」ことを大切に考え、業界で唯一PM0.1レベル(0.09~0.11μm)の微細な粒子も除去し、同社独自の集じん方式で付着した汚れを屋外に自動排出する空気清浄機能「プラズマ空清」を搭載し、部屋の空気やエアコン内部の清潔性にこだわった商品開発を進めてきた。

 今回冷房時に加え、新たに「無風感」を空気清浄、暖房、除湿運転時にも採用。例えば、「プラズマ空清」に無風感技術を組み合わせた「無風感プラズマ空清」モードでは、体に感じにくい風で部屋の空気をきれいにし、より快適で清潔な住空間を実現する。

 また、操作履歴や環境情報などの内容をエアコン本体に蓄積し、好みを学習して自動で運転制御をする「学習運転モード」を追加し、AIによる自動運転を充実させた。同社のスマートフォン専用アプリ「IoLIFE(アイオーライフ)」には、生活リズムに合わせて曜日ごとに運転オン・オフタイマーが最大42個まで設定可能な「ウィークリータイマー」や、複数のエアコンを一度に停止できる2つの機能を加え、使いやすさを向上させている。リモコンは抗菌仕様にすることで、清潔性にも配慮した。

[小売価格]オープン価格
[発売日]4月上旬

東芝ライフスタイル=https://www.toshiba-lifestyle.com/jp/


このページの先頭へ