理美容・家電

日立グローバルライフソリューションズ、コードレススティッククリーナー「ラクかるスティック」を発売

2020.11.24 16:36 更新

 日立グローバルライフソリューションズは、標準質量(標準質量は本体・延長パイプ・ヘッドの合計質量。一般社団法人日本電機工業会自主基準(HD-10)によって測定)1.1kgという軽さと強力パワーを両立することでラクに掃除ができ、新設計の「パワフル スマートヘッドlight」で使い勝手を高めたコードレス スティッククリーナー「ラクかるスティック」PV-BL2Hを12月中旬から発売する。

 昨今、働き方やライフスタイルの変化によって自宅で過ごす時間が増え、快適に過ごしたいというニーズが高まっている。そうした中、コードレス スティッククリーナーの使用頻度については、毎日使用している人が約5割を占めていることが分かった。また、購入時の重視点を調べた調査では、「本体の重さ(軽さ)」と「吸引力の強さ」が上位に挙がった(同社調べ)。そこで今回、標準質量1.1kgの軽さと強力パワーを両立することでラクに掃除ができ、また新ヘッドで使い勝手を高めた新製品を開発した。

 コードレススティッククリーナー「ラクかるスティック」PV-BL2Hの特徴は、本体や延長パイプ、ヘッドを徹底的に軽量化し、従来機種(2019年度モデルPV-BL20G。標準質量1.3kg)からさらに約15%軽くした標準質量1.1kgを実現した。延長パイプは部分的に薄肉化を行うことで強度を保ちながら軽くした。この設計手法は「トポロジー最適化」といわれ、自動車の部品などの軽量化にも活用されている。こうした軽量化によって、床面はもちろん、階段などの段差や高いところ、ハンディ使用時もラクに掃除ができる。

 日立独自の「ハイパワー3Dファンモーター」を新開発した。ファンを三次元形状(斜流ファン)にし、後方の固定翼と合わせて空気の流れを効率よく制御する。モーターには「極異方4極マグネット」を採用、また素材にアルミを使用することで小型軽量と強力パワーを実現した。

 新設計の「パワフル スマートヘッド light」では、ヘッドの前後幅を小さくするなど形状を一新した。ヘッドの取り回しをラクにできる「クルッとヘッド」で掃除しにくい壁ぎわ、「ペタリンコ構造」で家具の下など低いところも掃除できる。また、ふき専用の毛「かるふきブラシ」を採用し、ごみを吸い込むだけでなくフローリングに付着した菌もふき取る。さらに、新「スティックスタンド」によって、本体と一緒に付属のツールもすべて収納できるため、サッと取り出して掃除を始めることができる。

 同じく「ラクかるスティック」シリーズとして、一部の仕様やツールの異なるPV-BL1Hを同時発売する。

[小売価格]オープン価格
[発売日]12月中旬

日立グローバルライフソリューションズ=http://www.hitachi-ap.co.jp/


このページの先頭へ