理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、5.5合炊きマイコンジャー炊飯器「JJ-M56A」を発売

2020.11.30 18:53 更新

 ハイアールジャパンセールスは、680Wの全面加熱と調圧弁でお米の甘みを引き出しおいしく炊き上げることはもちろん、1℃単位の温度設定で本格的な低温調理も楽しめる、多機能型の5.5合炊きマイコンジャー炊飯器(JJ-M56A)を、12月4日から全国の家電量販店、ホームセンター、GMS、WEB通販などで順次発売する。

 同社では、ひとり暮らし世帯や少人数、共働きの家庭などに向け、それぞれのニーズに合わせた様々な生活家電を展開している。炊飯器においては、消費者が手に取りやすい価格帯でありながら、お米をおいしく炊けることはもちろん、便利な機能やシンプルなデザインにもこだわった商品開発を進めてきた。

 今回発売する5.5合炊きマイコンジャー炊飯器(JJ-M56A)は、昨今消費者から寄せられるようになった「玄米や雑穀米など多種多様なお米に適した炊飯メニューを使いたい」「炊飯器で低温調理をするので細かい温度設定ができるものが良い」といった“炊飯器の多機能化”を求める声に応えて開発した商品であり、簡単に、おいしく楽しい食卓を実現する“あったらいいな”が詰まった炊飯器となっている。

 同商品の炊飯方法は、ハイアール独自の「あつ旨炊き」。炊飯時はトップクラス(マイコンジャー炊飯器5.5合炊き、炊飯時最大消費電力において。11月現在、同社調べ)の大火力680Wで、側面、底面、ふたの3方向から内釜を全面加熱する。黒塗装した熱伝導に優れたアルミ製の厚釜「黒厚まる釜」が火力を効率よくお米に伝える。また、調圧弁の金属ボールのはたらきで圧力を抜けにくくすることで熱と水分を極力逃がさずお米の甘みを引き出すと同時に、内ぶたの裏と釜の下にある2つの温度センサーで、旨みを逃さず炊きムラを抑えた炊飯を実現する。

 さらに、40℃~80℃の範囲で 1℃単位の温度設定を可能にした「低温調理」メニューを搭載した。食材を袋に入れ内釜の水にひたし、温度と時間を設定するだけで、本格的な低温調理が楽しめる。調理時間も40分~120分の範囲で10分単位の設定ができるため、加熱のしすぎや加熱不足を防いでしっとりとした仕上がりになるとのこと。これまで炊飯器の保温機能で「低温調理」をしていた人や、新たに「低温調理」にチャレンジしたい人でも、自宅でヘルシーなサラダチキンやローストビーフ、プリンなどが手軽に調理できる。

 その他、炊き忘れや帰宅が遅くなった時にうれしい「高速炊飯」や「少量大火力(「少量大火力」は2合までとなる)」、調理メニューの「煮込み」や「パエリア」など、食生活をより豊かにする多彩な16種類のメニューを搭載している。

[小売価格]9000円前後(税別)
[発売日]12月4日(金)

ハイアールジャパンセールス=https://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ