理美容・家電

ハイアールジャパンセールス、使いやすさを追求した7.5kg全自動洗濯機「JW-LD75A」を発売

2020.10.16 15:34 更新

 ハイアールジャパンセールスは、クラスNo.1(全自動洗濯機7kgクラス、投入口までの高さ80cmにおいて。10月現在、同社調べ)のローデザインと、シンプルな機能・操作性で“使いやすさ”を追求した7.5kg全自動洗濯機(JW-LD75A)を、11月6日から全国の家電量販店、ホームセンター、GMS、WEB通販などで順次発売する。

 これまで同社では、消費者の声をもとに、ひとり暮らし世帯や少人数、共働きの家庭などに向けて、それぞれのニーズに合わせた商品を展開してきた。また、昨今の多様化する消費者ニーズにも応えるべく、様々な機能や容量のラインアップの強化を目指しており、直近では特に冷凍冷蔵庫や全自動洗濯機において、ミドルクラス製品のラインナップ拡充を図っている。

 今回発売する商品もまた、徹底したユーザー調査をきっかけに開発された。同社が独自に行った消費者調査(2019年8月 ハイアール調べ)によれば、約8割(77%)の消費者が洗濯機に「使いやすさ」を求めていることが判明した。

 今回発売する7.5kg全自動洗濯機(JW-LD75A)は、こうしたニーズに応えて“使いやすさ”を追求した、新しいミドルクラスの全自動洗濯機となっている。

 同商品は、クラスNo.1のローデザインが実現する、洗濯物の出し入れのしやすさが最大の特徴とのこと。投入口までの高さを80cmに、洗濯槽の底までの距離を47cmの浅い設計にすることで、小柄な人や高齢の人が重量のある洗濯物でも高く持ち上げずに済み、出し入れ時の身体の負担を抑える。また、洗濯物の出し入れがしやすくなるよう、洗濯槽の入り口は約36cmと広めに設計した。液体洗剤・柔軟剤投入口も、入れやすさを重視し、洗濯機手前に設置した。この2つのポイントも、小柄な人や高齢の人にとっての“使いやすさ”を目指し、今回新たに搭載している。

 大切な機能だけを搭載したシンプルな設計で、操作ボタンの数は6点に厳選しているとのこと。ボタンでは、音量調節・予約タイマー・水量設定・おまかせ・脱水のみ・2分槽洗浄・チャイルドロックと日常の中でより使用する頻度が高い機能を選択でき、見やすさと使いやすさにこだわった。さらに、洗濯のコースは衣類の重さに合わせて洗濯時間と水量を自動設定する「おまかせ」コースが1つだけのため、普段あまり洗濯をしない人や、機械操作が苦手な人でも迷うことなく操作できる。また、洗濯機をより気持ちよく使ってもらえるよう、洗濯・脱水槽を空の状態で約2分間洗浄する「ちょっと槽洗浄」機能を搭載。毎日の洗濯後に使用することで、カビの発生を抑制する効果が期待できる工夫も、消費者の声をきっかけに開発した機能のひとつとなっている。

 同商品には、操作音や終了ブザーの音量を、使用シーンに合わせて4段階で調節できる音量調節機能が搭載されている。例えば、小さな子どもが寝ている時は無音設定に、洗濯の終了音を聞き逃したくない時は大音量に。まわりの環境に合わせて最適な音量で使用できる。

[小売価格]6万1000円前後(税別)
[発売日]11月6日(金)

ハイアールジャパンセールス=https://www.haier.com/jp/


このページの先頭へ