理美容・家電

ヤーマン、ライフスタイルに合わせて選べる3タイプのウォーターフロッサー「ウォーターピック」を発売

2020.10.01 16:53 更新

 ヤーマンは、米国で誕生し、半世紀以上の歴史を持つオーラルケアブランド「Waterpik」の正規代理店として、11月上旬から、ライフスタイルに合わせて選べる3タイプのウォーターフロッサー「ウォーターピック」を全国の家電量販店、一部のバラエティショップ、ヤーマン公式オンラインストア、ヤーマン公式ショップ 楽天市場店、ヤーマン公式ショップ PayPayモール店で順次発売する。

 ウォーターピックは、歯ブラシでは届きにくく、磨き残しが発生しやすい歯間部を掃除するのに適したデンタルフロスと、歯間の根元の三角形のすき間汚れを取るのに適した歯間ブラシの1台2役を果たすだけでなく、歯周ポケットもケアすることが可能とのこと。パワフルな独自のジェット水流で、歯や歯茎を傷つけることなく、歯間や歯周ポケットに詰まった汚れをスッキリと除去する。

 歯周病とはポケットという歯の周囲の溝にプラーク(歯垢)が繁殖することで歯肉が腫れ、その下の歯を支える靭帯と骨が溶ける病気。この歯周病は、全身疾患(循環器系疾患、早産、糖尿病、誤嚥性肺炎など)と相互に関係し合っていることが解明されている。気付いたときには手遅れになることも多いため、清潔な口腔内環境を保つことが重要だとか。歯周病を防ぐには、歯間部や歯周ポケットに潜むプラークを残さないようブラッシングすることが大切だが、歯ブラシだけでは十分にプラークを除去できない人も多いため、「ブラッシング+α」のオーラルケアを行う必要があるという。

 しかしその一方で、半数近くの日本人は歯ブラシのみでしかケアをしていないことが判明している(平成28年厚生労働省 歯科疾患実態調査の概要から)。同社は、その美容プロの知見、選択眼、情報網を生かし、ディストリビューターとしても世界中から話題性と実力を兼ね備える数々のヒットアイテムを世の中に送り出してきた。消費者に正しい予防歯科の知識を持って対策をして欲しい、ブラッシング+αのケアをして欲しい、より効果のあるケアをして欲しい、という思いから、世界販売数量シェアNo.1を誇り、デンタルフロスや歯間ブラシなどよりも歯ぐきの健康に効果的なエビデンスを数多く有し、世界中から厚い信頼を得ている米国のオーラルケアブランド「Waterpik」のウォーターフロッサー「ウォーターピック」の日本における販売代理店として発売にいたったとのこと。日頃から歯間・歯周ケア習慣がある人にはより効果があるものを選んでもらい、まだ習慣が無い人には、歯間ケアは歯ブラシだけでは不十分であることや、オーラルケアの重要性に気付いてもらいたい考え。

 歯ブラシでは届きにくい歯と歯の間を清掃するのに適したデンタルフロスと、歯間の根元の三角形のすき間の汚れを取るのに適した歯間ブラシ。この二つでケアする部分を一台でケアできるのがウォーターピックとのこと。パワフルなジェット水流で、歯や歯茎を傷つけることなく、歯間や歯周に詰まった汚れまでスッキリと除去する。

 ウォーターピックは、磨き残しが発生しやすい歯間の汚れも、歯周ポケットの汚れも1台でケアできるという。しかも手軽でストレスフリーだとか。高圧のジェット水流で、奥に詰まった小さな汚れまでパワフルに吹き飛ばす。

 国民病ともいわれている歯周病。Silent Disease (静かに進行する病気)ともいわれ、痛みもなく徐々に進むため、気づいた時には手遅れになっていることの多い病気だという。歯周病とはどのような病気なのか、そして、どのように予防すべきか、最新の研究データも含めて紹介しよう。

 歯周病菌は唾液を介して伝播する。数百種類の歯周病菌が発見されているが、代表的な菌として親から子どもにスプーンや箸などを介して伝播するAa菌と、成人同士のスキンシップなどで伝播するPg菌がある。歯周病菌は唾液を介して口腔内に伝播するのだが、その後、口腔内に定着できなければ、体外に排除されてしまう。また、仮に定着しても、その後、体の中に入り込まなければ感染しない。ただし、日本人の多くは、20代、30代の頃に歯肉に炎症があり、歯周病菌が定着しやすい環境にあるため、免疫が下がってくる30代以降に歯周病が発症してしまうのが、今の日本人の現状なのだとか。口腔内に伝播したとしても、定着しない、歯肉に炎症のない環境にするには、歯垢を残さないようブラッシングするのが基本だという。日本人の約半数は歯ブラシのみでしかケアをしていないことが判明しているが、歯ブラシだけで、十分に歯垢を除去できない人も多いので、フロス、歯間ブラシ、そしてウォーターフロスなどを併用したケアや、定期的な歯科医院でのクリーニングは必須とのこと。清潔な口腔内環境にしておくことで、インフルエンザなどのウイルスが定着しづらくなることも、多くの研究で報告されている。

 歯周病を克服するために、スキンシップを断絶して歯周病菌の伝播を防ぐことは、現実的ではないという。伝播したとしても、定着しない清潔な口腔内環境を保つことが重要で、そのためには、歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ、ウォーターフロスなどによるセルフケアと、定期的な歯科医院でのクリーニングが必要だとか。それと同時に、定着したとしても感染させないように、全身の免疫力をあげることによって、世界でも最も感染者の多い病気である歯周病は予防できるとのこと。

 日頃から歯間・歯周ケアの習慣がある人には、より効果のあるものを選んでもらい、まだ習慣がない人には、その重要性に気付いてもらいたいという(吉野歯科医院 院長 吉野宏幸先生)。

[小売価格]
ウルトラ プロフェッショナル:2万4000円
コードレス セレクト:2万6000円
コードレス フリーダム:1万5000円
(すべて税別)
[発売日]
ウルトラ プロフェッショナル:11月中旬予定
コードレス セレクト:2021年春予定
コードレス フリーダム:11月上旬予定

ヤーマン=https://corporate.ya-man.com/


このページの先頭へ