理美容・家電

パナソニック、「Wシャキシャキ野菜室」を真ん中にレイアウトした大容量冷蔵庫「NR-F516MEX(513L)」など発売

2020.09.17 19:00 更新

 パナソニックは、2種類の保鮮フィルターを新搭載した「Wシャキシャキ野菜室」を真ん中にレイアウトし、少量の野菜でも新鮮に保存し、出し入れしやすく使いやすい、大容量冷蔵庫NR-F516MEX 他1機種を10月30日から発売する。

 冷蔵庫市場は、12年前までは“野菜室を真ん中にレイアウトしたタイプ”が主流だった。同社は社会的な省エネ志向の動きに合わせ、より節電性の高い“冷凍室を真ん中にレイアウトしたタイプ”を2008年から発売し、冷凍ニーズの高まりとともに、そのレイアウトが冷蔵庫市場の主流となった。同社調査(同社2020年実施インターネット調査N=1万4072)では、それぞれのレイアウトの購入意向は約半数づつで、生活スタイルによって好みが分かれることがわかった。

 同製品は新たに、断熱壁を増やし全室を独立させた新構造を採用し、省エネ性能の向上と、使いやすさを追求した野菜室が真ん中レイアウトを実現した。冷蔵室から野菜室まで“手の届きやすいエリアの使いやすさ”にこだわった。

 同製品の「Wシャキシャキ野菜室」は、2種類の新フィルターを搭載し、野菜を約1週間新鮮(同社調べ。運転状況や食品の種類・状態や量、保存する前の食品の状況によって、効果が異なる。ボトルコーナーは含まない)に保存できる。「モイスチャープラスフィルター」は、野菜室内の湿度が低い時にはフィルターに蓄えた湿気を放出し室内を加湿する。適切な湿度を保ち、少量の葉野菜でも鮮度をキープできる。「パラジウム保鮮フィルター」は、野菜から発するエチレンガスを分解し、野菜の老化を抑制するので、きゅうりやナスなどの実野菜の鮮度を保つ。

 全室が独立した新構造で実現した「パーシャル/はやうま冷凍 切替室」は、温度帯を切り替えられ、生活スタイルにあわせた食材の保存方法が選べる。「パーシャル」の場合、約-3℃の微凍結で肉や魚やつくり置きの鮮度が約1週間長持ちする(同社調べ。運転状況や食品の種類・状態や量によって、効果が異なる)。冷凍の場合、業務用レベルの急速冷凍(最大氷結晶生成帯(-1℃~-5℃)を通過する時間:約28分。実験条件:牛ステーキ肉(もも肉)150gをラップ包装。パーシャル/はやうま冷凍切替室内のアルミプレートの上において急凍した場合、外気温25℃、扉開閉なし(同社測定))を実現した「はやうま冷凍」で、おいしく冷凍できる。

 食材を新鮮においしく保存し、調理をアシストする冷蔵庫として技術を進化させ、多様化する生活スタイルに合わせて選べる品揃えと使いやすさで消費者に寄り添い、豊かな食生活をサポートする考え。

[小売価格]オープン価格
[発売日]10月30日(金)

パナソニック=https://panasonic.jp/


このページの先頭へ