ウォッチニュース

健康に関する自覚症状のツートップは肩こりと腰痛、整体・骨盤サロンによる痛み低減や温熱シート・マッサージチェア・入浴剤での身体回復の提案も

2017.05.08 19:55 更新

 厚生労働省の「平成25年 国民生活基礎調査の概況」によると、健康に関する自覚症状の1位・2位は男女ともに肩こりと腰痛で、1000人当たりで換算すると肩こりの自覚症状がある人は男性60.2人、女性125.0人、腰痛は男性92.2人、女性118.2人となる。これらの身体の慢性的な痛みは、日常生活を制限し、QOLを低減させる。そのため、日常的な身体的痛みを軽減することは、国民の健康福祉向上のために重要とされている。

 整体×骨盤サロン「カラダファクトリー」などを海外・国内に290店舗以上展開するファクトリージャパングループは、インクルーシブ教育研究所の片野氏、岩手医科大学講師の山下氏と「A.P.バランス 整体法の身体的痛みとQOLに対する効果」(「A.P.バランス 整体法」とは、首(A:アトラス)と骨盤(P:ペルビス)のバランスを整えることで、心身のトラブルを改善していくというカラダファクトリー独自の理論に基づいた施術法)について共同研究を行い、4月発刊の「日本予防医学会雑誌」で内容を発表した。A.P.バランス 整体法の効果を検証するため、全身の痛みとQOLについて、施術前後での比較を行った結果、身体的痛みの軽減とQOL向上にA.P.バランス 整体法が寄与することが示唆されたという。同社では、痛みや辛さを取り除くだけではなく、「街の保健室」として、多様な相談に応じられる豊かなライフ生活をサポートできるブランド展開を行っていくという。


五月病で最も目立つ症状が「睡眠障害」、GWの睡眠の質を上げるために簡単整体法やGABA含有の機能性表示食品などを提案

2017.05.02 18:57 更新

 五月病で最も目立つ症状は「睡眠障害」。疲れが溜まっているのに寝付けない。その原因は、GW中の生活リズムの乱れといわれている。リズムを取り戻すには、カラダの緊張をほぐし睡眠に入りやすくすることが重要だ。新しい環境に慣れるために、強い緊張の中で無理を重ね、その反動でGWは一晩中ネットを回遊したり、遅くまで飲んだりして生活リズムが乱れる。夜更かしから、翌日は昼間好きな時間に好きなだけ寝て、また夜更かし。結果的に、カラダを休めるつもりがGW中に完全にカラダのリズムが狂い、睡眠障害が起こりやすくなる。生活リズムが崩れ、メンテナンスがきちんと行われないと疲労が溜まる状態に陥る。そして「疲れが取れない」「朝起きられない」「会社に行くのが億劫」という具合に、五月病へと突き進んでしまう。

 では、GWにはどんな過ごし方をすればよいのだろうか。ずばり「睡眠の質を上げること」に尽きる。実は意外に簡単で、筋肉の緊張をとればいいのだとか。生活リズムの乱れを改善するには、カラダの緊張をとり睡眠に入りやすくすること、それによって“睡眠の質を上げる”ことが重要となる。インナーマッスル整体 板橋からだ回復院(東京都板橋区)は、五月病の予防対策として、“睡眠の質を上げる”簡単整体法「深層筋整体法」を考案した。


焼肉の内臓が好きな理由は味や食感以外に家では食べづらいから、そんな声を反映し肉の内臓メニューであるモツやホルモンを提供するお店が続々オープン

2017.05.01 19:32 更新

 リクルートライフスタイルに設置された「食」に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメリサーチセンター」は、焼肉の牛のホルモンについてのカスタマーアンケートを実施した(調査時期:2014年7月1日~8日、調査対象:首都圏・関西圏・東海圏在住の20~69歳の男女(マクロミルの登録モニター)、有効回答数:9907人)。「(牛)ホルモン好き」は男高女低で、女性高齢者では少な目だった。好きな部位の1位は「タン」、2位「ハラミ」、3位「ミノ」とのこと。ホルモンが好きな理由は、「味・食感」以外に「家では食べづらい」などもあり、外食で楽しむイメージが強い肉の部位であるといえる。最近、そんなホルモンやモツなど内臓を使ったメニューを提供するお店が増えているので紹介しよう。

 


 女性客マーケティングを行うハー・ストーリィは、今年1月28日に麻布十番商店街入り口に「オーガニックワインビストロ&カフェ喋喋cho-cho」(麻布十番駅4番出口徒歩1分)をオープンした。4月から本格的にランチメニューとテイクアウトフードの提供をスタートしている。同店のランチでは、たっぷりの香味野菜で牛モツをやわらかく煮こんだイタリア・フィレンツェの伝統B級グルメ「ランプレドット」をオリジナルにアレンジしサンドした牛モツバーガー「イタリアンモツバーガー」が登場する。この料理は、イタリアで親しまれている「ランプレドット」を食べたいという消費者の声から誕生した。牛モツを使った新たなメニューで麻布十番商店街の新名物を目指すという。


[ドクター連載 第11回]年々増加し続ける認知症高齢者、"物忘れ"が気になったら専門医に相談を--認知症編(その1)
2013.01.29 05:37 更新
[ドクター連載 第10回]急速に進歩する眼疾患の治療法、早期発見・早期治療によって失明は予防可能に--眼疾患編(その3)
2012.12.25 05:41 更新
[ドクター連載 第9回]若年層も油断できない「糖尿病網膜症」と進行性の「黄斑変性症」、いずれも早期発見がポイントに--眼疾患編(その2)
2012.11.27 05:47 更新
[ドクター連載 第8回]失明につながる眼の病気とは? 加齢にともない発病リスクが高まる「緑内障」--眼疾患編(その1)
2012.10.30 05:49 更新
[ドクター連載 第7回]早期発見のカギは「尿検査」と「血液検査」、生活習慣の改善による予防対策も忘れずに--慢性腎臓病(CKD)編(その3)
2012.09.25 05:50 更新
[ドクター連載 第6回]病状は5段階のステージで進行、早期発見・早期治療で腎機能の低下を抑えることが重要に--慢性腎臓病(CKD)編(その2)
2012.08.28 05:51 更新
[ドクター連載 第5回]自覚症状なく進行する「慢性腎臓病」、緻密でデリケートな腎臓の働きとは?--慢性腎臓病(CKD)編(その1)
2012.07.31 05:53 更新
[ドクター連載 第4回]脳卒中の早期発見に欠かせないMRI・MRAおよびOガスPETでの脳血流検査、定期的に脳ドックでの検診を--脳卒中編(その3)
2012.07.24 05:58 更新
[ドクター連載 第3回]脳卒中につながる危険な症状とは? 前兆を見逃さずに早めの対処を--脳卒中編(その2)
2012.06.26 05:59 更新
[ドクター連載 第2回]脳卒中の種類と危険因子、生活習慣改善による予防が第一に--脳卒中編(その1)
2012.04.24 06:00 更新
[ドクター連載 第1回]深刻化する高齢化社会の医療問題、 「早期受診・早期治療」意識が重要に--連載開始にあたって
2012.03.27 06:01 更新
« 前 1 2 3 4

このページの先頭へ