ウォッチニュース

マスク装着時の気になること、「汗や蒸れ・こすれで日焼け止めが落ちる」「マスク焼け」が上位に、新型コロナウイルスを想定した新しい生活様式にマッチしたUV対策アイテムも紹介

2020.06.04 19:55 更新

 これから湿気が多く暑い夏がやってくる中、マスクをしているだけでも息苦しくなるもの。また、女性としては紫外線が増えてくるこれからの季節、「マスク焼け」が気になるのでは。花王のサンケア専門ブランド「ビオレUV」は、必要な外出時のマスク装着頻度が増加する中で、マスク装着時における紫外線・日焼け止めについての意識・実態調査を実施した。その結果、6割の女性がマスク装着時も日焼け止めを使用。気になること上位は、「汗や蒸れ・こすれで日焼け止めが落ちる」「マスク焼け」であることがわかった。こうした消費者ニーズに対応するべく、ロフトでは、ロフト店舗およびロフトネットストアにおいて紫外線が気になる季節におすすめのUV対策アイテムを特集し展開している。

 マスク装着時における紫外線・日焼け止めについての意識・実態調査から、必要な外出時には、ほとんどの女性がマスクを装着していることがわかった。また、マスクを装着しているにも関わらず、多くの人が、紫外線を気にして日焼け止めを使用していることが判明。女性の紫外線に対する意識の高さがうかがえる結果になった。さらに、マスク装着時に紫外線対策で気になることとして、上位に挙げられたのが「汗や蒸れ、こすれで日焼け止めが落ちてしまうこと」と「マスク焼け(マスクのムラ焼け)」とのこと。これから暑くなる季節にも多くの人が「マスクを装着する」意向があることから、それらのニーズに応え、紫外線対策として気をつけるべきことや、マスク装着時の日焼け止めの使い方などについて、紹介しよう。

 紫外線は、条件によって量は異なるが、一年中降り注いでおり、春先から急に増え始める。また、晴天時はもちろん、曇りでも、紫外線は肌(皮膚)に届くと考えられる。一日のうちでは、太陽の位置がもっとも高くなるときに、紫外線量が最大になる。経度によって時刻は若干異なるが、日本ではおよそ正午前後に太陽の位置がもっとも高くなる(東よりの札幌市では午前11時35分頃、西よりの那覇市では12時30分頃)。しかし、その前後2時間程度、午前10時頃から午後2時頃までは、紫外線の要注意時間といえるようだ。

 日焼け止めの「使い方」次第では、効果が十分に発揮されないとのこと。具体的には、「量が不十分」「まんべんなく塗れていない」「塗り直しの頻度が低い」ことで、塗った日焼け止めに塗りムラができているケースが多いということ。また、「汗・水・蒸れや擦れなどによって日焼け止めが落ちてしまっている」ことも多いのだとか。こうして生じる「スキマ」から、気づかぬうちに紫外線の侵入を許してしまっている可能性があると指摘する。

 必要な外出時にマスクを装着をする機会が増加している。日焼け止めを塗った後は、十分に肌になじみ、乾いてからマスクを装着するようにしてほしいとのこと。また、マスク周辺は、特に入念に、重ね塗りすることをおススメしている。

 均一に十分な量を塗っている場合とそうでない場合では、塗った日焼け止めの「スキマ」の大きさに圧倒的な差が出るとのこと。十分な量をまんべんなく塗ることが大切だとか。塗り残しが多い箇所は、額や鼻、耳など凹凸のある部分や、うなじや袖まわり、腕の後ろなど手の届きにくい箇所だという。

 一般的な日焼け止めを塗った状態で、かいた汗をタオルで拭うと日焼け止めが一気にこすれ落ちてしまうとのこと。そこでできた日焼け止めの「スキマ」は無防備となり、紫外線の侵入をいとも簡単に許してしまうのだとか。

 気温・湿度ともに高まりをみせるこれからの季節におススメな日焼け止めが、「ビオレUV アスリズム」シリーズ。「気温40℃・湿度75%の過酷な環境にも耐える。最高クラスUV」(ビオレUVシリーズ内における、UVカット効果(SPF50+ PA++++)および、高温多湿環境での塗膜の落ちにくさ)として、シリーズ全体で、「汗・水、擦れに強く落ちにくい、タフブーストTech処方」を採用している。シーンや好みに合わせて、選べる4タイプをラインアップする。

 「ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス」(70g)は、肌になじんだ後に“なめらかな肌感触”に変わる、モイストタッチエッセンスとのこと。「ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトミルク」(65ml)は、肌になじんだ後に“するするの肌感触”に変わる、シルクタッチミルクとなっている。「ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトスプレー」(90g)は、キメまでムラなく均一にカバーする、密着ベールUVスプレーとのこと。「ビオレ UV アスリズム サンバーンプロテクトミルク」(60ml)は、じりじり強烈な太陽光(紫外線)から肌を守るという。強力紫外線と近赤外線をダブルブロックする。

 ロフト店舗およびロフトネットストアでは、昨年に引き続き人気のトーンアップタイプや、手が汚れない直塗りタイプ、昨年から徐々に種類が増え始めた環境配慮型の日焼け止めに注目が集まっているという。また、日傘はロフトオリジナルデザインを中心に、自動開閉、軽量型などの機能商材を拡充し展開している。

 気になった時にさっと直接塗れるスティック型は今年も人気とのこと。手も汚れず、手の甲や足の甲、首筋など塗りにくい場所や忘れがちな場所のケアが簡単にできるという。新商品「ビューティヴェール ストロボUVスティック」(ときわ商会)は、微細パール配合で細見せ&トーンUPも期待できる。パウダーインタイプで、何度塗り直してもサラサラの使い心地だとか。メイク下地としてもおすすめとなっている。

 「OHANA MAHARO トーンアップ UVスティック」(フレグランシー)は、ふんわり香るフレグランスUVスティックとのこと。数量限定品となっている。

 「紫外線予報 さらさらUVスティック」(石澤研究所)は、メイク直しにも使え、ウォータープルーフながら石けんで簡単に落とせるという。

 新商品「サーフライフセービング サンクリーム」(三和トレーディング)は、生物にもサンゴにも優しいオキシベンゾンフリーとのこと。4時間耐水で男女共に使いやすい無香料となっている。

 「スキンアクア トーンアップUVエッセンス」(ロート製薬)は、ラベンダーカラーでトーンアップした。限定カラーのミントグリーンもあるという。

 夏のマスク着用で気になるのは「マスク焼け」。「紫外線予報 メイクを守るUVスプレー」(石澤研究所)は、メイクの後にシュッと一吹きするだけで、メイク崩れやテカリ、紫外線を予防してくれる。

 ロフト限定「晴雨兼用傘 スマイリーフェイス」(ワールドパーティー)は、軽量スリムで遮光・遮熱、スマイリーデザインがかわいい晴雨兼用の折りたたみ傘とのこと。

 ロフト限定「メンズ晴雨兼用傘 自動開閉タイプ」(ワールドパーティー)は、遮光・遮熱、シンプルデザインのメンズ用。ワンタッチで開け閉め可能な自動開閉タイプとなっている。

 「プレシャスUV つば広 スリット ペーパーハット」(コジット)は、優れた通気性、スリット入りで結び髪でも髪型が崩れにくく、リボンは取り外し可能となっている。

 このように、今年も多種多様なUV対策アイテムが続々と登場してきている。そこで、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんに、生活者の意識・実態に関する調査を行う「トレンド総研」が、今年の紫外線対策における潮流について聞いた。

 「日差しが強くなりはじめる、これからのシーズン。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から外出自粛が呼びかけられているため、例年に比べると日差しを浴びる機会は減ると考えられるが、部屋の中にいても紫外線自体は入ってくるので油断は禁物といえる。また、外出自粛中は、体や精神の健康を保つために、カーテンを閉じっぱなしにせず日差しを浴びたり、窓を開けて換気をしたりといった行動が非常に重要だが、そのぶん日焼けやシミのリスクは高まってしまう」と、新型コロナウイルスを想定した新しい生活様式によって、紫外線対策もこれまでとは違ったアプローチが必要になってくるという。

 「こうした中で注目したいのが、時間をかけることなく手軽に紫外線対策ができる『秒ケア』アイテム。最近は、スプレータイプ、ジェルタイプなど、肌に塗り込む手間がかからない日焼け止めのほか、紫外線対策ができるマスクなども新登場している。外出自粛や在宅勤務の推奨によって、メイク時間も相対的に短くなっている現在は、紫外線対策についても例年以上に『時短』が求められるようになっているといえる」と、おうち時間で普段のメイク時間も短くなっているからこそ、紫外線対策も手短にできるアイテムなどに注目が集まるものと分析している。

[調査概要]
調査手法:インターネットリサーチ
調査時期:4月17日~20日
調査対象:首都圏在住の20代~40代女性 300名

[小売価格]
ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトエッセンス:設定なし
ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトミルク:設定なし
ビオレ UV アスリズム スキンプロテクトスプレー:設定なし
ビオレ UV アスリズム サンバーンプロテクトミルク:設定なし
ビューティヴェール ストロボUVスティック(ときわ商会):1540円
OHANA MAHARO トーンアップ UVスティック(フレグランシー):1760円
紫外線予報 さらさらUVスティック(石澤研究所):1870円
サーフライフセービング サンクリーム(三和トレーディング):3080円
スキンアクア トーンアップUVエッセンス(ロート製薬):924円
紫外線予報 メイクを守るUVスプレー(石澤研究所):1650円
晴雨兼用傘 スマイリーフェイス(ワールドパーティー):3190円
メンズ晴雨兼用傘 自動開閉タイプ(ワールドパーティー):3740円
プレシャスUV つば広 スリット ペーパーハット(コジット):3080円
(すべて税込)

花王「ビオレUV アスリズム」シリーズ=https://www.kao.co.jp/bioreuv/athlizm/
ロフト=https://www.loft.co.jp/
トレンド総研=http://www.trendsoken.com/


このページの先頭へ