ウォッチニュース

[熊本地震]ベネクス、熊本県の地震被災者支援にリカバリーウエアを300着寄贈

2016.05.24 19:23 更新

 休養・睡眠時専用のリカバリー(疲労回復)ウエアを開発・販売するベネクスは、熊本県の被災者の人々の疲労回復に役立てもらうべく、現地で支援活動を続けるボランティア団体を通じて、同社商品300着を、寄贈した。

 同社の取引先から「被災地で不便な生活を余儀なくされ、疲労が濃くなっている人が多くいて、現地でリカバリーウエアを提供したところ大変、喜ばれた」ということを聞き、今回、被災地の人々に届けてもらうことにしたという。

 現地にいる人から「衣類は足りている」と聞いていたので、やみくもに送るのではなく、首に巻くだけの手軽なものを、取引先の紹介で同社ウエアを必要としていたボランティア団体2団体に、ベネクスの中村社長から直接、5月14日に渡したとのこと。同団体で支援活動をしている人が、使い方を説明してから被災者の人々に渡す、と聞いているという。

 疲労回復という側面から同社のウエアが被災者の人々に役立てもらえるのであれば、今後も、微力ながら、支援していくとのこと。

ベネクス=http://www.venex-j.co.jp/


このページの先頭へ