運動・トレーニング

ヨネックス、カーボンシャフト「レクシス」シリーズより重・柔シャフト「レクシスカイザ マス」のカスタムオーダー受付を開始

2020.09.17 18:14 更新

 ヨネックスは、カスタムオーダーシステムで好評を得ている新潟自社工場製カーボンシャフト「レクシス」シリーズから、スウィング軌道を安定させ、ミート率アップを実現する重・柔(おも・やわ)シャフト「レクシスカイザ マス」のカスタムオーダーの受付を9月下旬から開始する。

 同製品は3種類の先進カーボン素材「Namd(Namdは、ニッタが開発した「ナノ分散カーボンナノチューブを炭素繊維へ均一複合化」する技術)(エヌアムド)」「M40X(トレカM40Xは、東レが開発した、相反する「高強度と高弾性率」の両立を極限追求した次世代炭素繊維)」「ナノメトリックDR(ナノメトリックは東レのナノアロイテクノロジーを基に開発した素材)」を複合したシャフトとのこと。3種類の先進カーボンを複合することで、重さと柔らかさ・しなやかさを両立。スウィングがぶれにくくなり、軌道が安定する。

 キックポイント付近に複合した新次元カーボン・Namdは、大きなしなり戻りと復元力でヘッドスピードをアップさせ、心地よい打球感で飛距離アップに貢献する。先端部分に複合したカーボン繊維・M40Xは強度と弾性を併せ持ち、インパクトでの衝撃を受け止め、ボールに打ち負けずに強く弾き返す。

 同社独自のナノサイエンス技術で組み上げた高強度のカーボン素材・ナノメトリックDRは、シャフト全体に複合した。粘り強く、反発性に優れ、シャフト全体の一体感、自然な弾き感で飛距離を伸ばす。

 ウッド用は「ヘッドスピードはあるがスウィングとクラブヘッドの安定感がほしい」、「基礎体力はあるが、ヘッドスピードが出ない」という人、アイアン用は「スチールからカーボンに交換したいが重さとしなり感がほしい」という人に向け、3種類の先進カーボンの相乗効果で安定性とミート率向上によって飛距離アップに貢献する今までにない新感覚のシャフトとなっている。

[小売価格]
シャフト単体
 ウッド用:4万円
 アイアン用:1万1000円
(すべて税別)
[発売日]9月下旬

ヨネックス=https://www.yonex.co.jp/


このページの先頭へ