運動・トレーニング

ヤマハ、レディースゴルフクラブ「inpres UD+2 LADIES」の新モデルをフルラインアップで発売

2020.09.15 13:24 更新

 ヤマハは、実感できる飛距離とレディースモデル専用設計による打ちやすさで好評を得ているレディースゴルフクラブ「inpres UD+2 LADIES(インプレス・ユーディープラスツー・レディース)」の来年モデルを、フルラインアップで10月23日から発売する。また、ホワイトとブルーを基調とした、キャスター付きキャディバッグと大きめサイズのボストンバッグも、同じく10月23日に発売する。

 今回発売する「inpres UD+2 LADIES」の来年モデルは、ゴルフが大好きな女性ゴルファーに今よりもっとゴルフを楽しんで欲しいという思いで開発したシリーズ第3世代のモデルとのこと。上達の瞬間こそがゴルフの喜び、というレディースゴルファーの声をもとに、飛びや方向安定性、打ちやすさなどスコアアップに欠かせない要素に注目した、レディースゴルファーを「できる私へ、ReStyle」するゴルフクラブとなっている。ドライバー、フェアウェイウッド、ユーティリティでは、フェース周辺の剛性を高めてエネルギーロスを防ぎ、ボール初速を上げる新テクノロジー「SPEEDBOX(スピードボックス)」を搭載した。また、まっすぐ飛ばすために、レディースクラブで最大級の慣性モーメントと重心角も実現している。アイアンは、フェースとソールの薄肉化による初速アップと、フェース裏側に5本のリブを配置し、高い打ち出しを実現する「SPEED RIBFACE(スピード リブフェース)」を搭載した。飛距離アップと高弾道を両立している。さらに、ウェッジはサイズを大きくし、ラウンドをきかせたストレートネックを採用したことで、よりボールを拾いやすい形状になっている。

 今回、新技術「SPEEDBOX」(DR、FW、UT)および「SPEED RIBFACE」(IR)を搭載し、飛距離アップを実現した。レディースクラブで最大級の「慣性モーメント」と「重心角」でつかまえて“超まっすぐ”を実現(DR、FW、UT)している。ボールがやさしく上がる拾いやすい新形状を、ウェッジに採用(AW・SW)した。

[小売価格]
ドライバー#1:8万円
フェアウェイウッド #4、#5、#7:各4万6000円
ユーティリティ #U4、#U5、#U6、#U7:各3万6000円
アイアン #7、#8、#9、PW、SW:12万円(5本セット)
アイアン #6、AW:各2万4000円
キャスター付きキャディバッグ:各3万3000円
ボストンバッグ:各1万5000円
(すべて税別)
[発売日]10月23日(金)

ヤマハ=https://jp.yamaha.com/


このページの先頭へ