運動・トレーニング

パナソニックサイクルテック、電動アシスト自転車スポーツタイプ「ジェッター」と「XM-D2 V」を発売

2020.07.21 16:15 更新

 パナソニック サイクルテックは、電動アシスト自転車スポーツタイプの新製品として、「ジェッター」ならびに「XM-D2 V」を8月3日に発売する。ミドルレンジとなる新型「ジェッター」はデザイン・機能ともにフルモデルチェンジ、またフラッグシップである「XM-D2 V」は新パーツを採用しマイナーチェンジを実施した。スポーツタイプの商品ラインアップ強化で消費者の幅広いニーズに対応、電動アシスト自転車スポーツタイプの市場拡大を図っていくとしている。

 電動アシスト自転車スポーツタイプのミドルレンジである「ジェッター」は、今回のフルモデルチェンジでフォルムを一新、ダウンチューブに沿わせた新設計のバッテリーを搭載し、よりスポーティーでスタイリッシュなモデルへと生まれ変わった。またサイド液晶ディスプレイを採用した手元スイッチは、適度なクリック感とスポーツ走行に必要な様々な情報を表示することで、走行中の臨場感を高める。

 電動アシスト自転車スポーツタイプのフラッグシップ「XM-D2 V」は、昨年3月1日に発売した限定モデル「XM-D2」をアップデート、本格的な前後サスペンションに加え、特に要望の多かったドロッパーシートポストを採用し、オフロード走行時のパフォーマンスを向上させた。

 同社は電動アシスト自転車スポーツタイプのラインアップ強化で消費者に休日のサイクリングや毎日の通勤などに新たな価値を提案をしていく考え。

[小売価格]
ジェッター:15万円
XM-D2 V:63万8000円
(すべて税別)
[発売日]8月3日(月)

パナソニック サイクルテック=https://panasonic.co.jp/ls/pct/


このページの先頭へ